ブログ | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ 

2021年 6月 18日 受講と過去問の両立に関して(慶應義塾大学商学部4年 三浦翼)

こんにちは。

就職活動も終わり、ダラダラとした1週間を過ごしていた三浦です。

ここから有意義に生活していかないといけないなと感じています。

 

皆さん全国統一高校生テストはどうでしたか?

結果やそこへの感じ方は人それぞれ違うとは思いますが、重要なのは模試後に勉強の量を増やし、質を高めていくことです。

一喜一憂するのではなく、受験本番を見越して行動していきましょう。

 

さて、今回は「受講と過去問の両立に関して」ということですが、僕からは両立するための進め方の一例をお伝えしたいと思います。

ペース等はHRや他の人のブログで伝えていると思うのでそちらを参考にしてください。

 

おすすめしたいのは「過去問を解く日を決めてしまう」ということです。

これは僕自身が受験生時代にやっていたことです。

まず過去問の1週間のペースを確認し、それを達成できるように過去問をやる時間を決めます。

その上で、週間必須受講コマ数を確認し、過去問を解く以外の時間に受講を入れていきます。

 

これをやることのメリットとしては予定をしっかり立てて、それをしっかり実行していけると自ずと目標の期限を守れるということです。

目標から逆算してペースを決めて、それにもとづいて予定を立てているので、これが実現できます。

一方、懸念点としては、予定通りいかなかったときにずれ込んでしまうのではないかということが挙げられます。

これに対しては、予定に少し余裕をもたせるといいと思います。例えば、どこか1日に空白の時間を作っておいて、予定がずれた場合はそこで修正する、ずれなかった場合は先に進むといったような方法もあります。

 

これは1つの例として参考にしてください。

(一応僕自身、この方法で過去問をセンター試験10年分、第一志望13年分、第二志望以下(6校)各8年分と受講を両立してやりきれました。)

皆さん時間的に大変な部分もあると思いますが、しっかり両立していきましょう!

2021年 6月 16日 受講と過去問の両立に関して(中央大学経済学部2年 西居 陸)

こんにちは、西居です。

最近はジムにも行けておらず、大学の課題に追われる日々です。

オンライン形式も2年目になりましたが、これに順応するしかないと考えています。

いつか大学に通える日を楽しみにしています。

 

全国統一高校生テストも終わりました。

皆さん、手応えはいかがでしたか?

また、復習はしましたか?

模試は受けた「後」が大事です。

しっかり復習をして、次回の模試の糧にしましょう。

 

さて、今回のテーマは

「受講と過去問の両立」

です。

 

共通テストは6月末には5年分、7月20日までには10年分が必須です。

また、受講を中心としたインプットは6月末までに蹴りをつける必要があります。

これらの両立、出来ていますか??

夏には第一志望校と第二志望校、それぞれ10年分の過去問演習が必須ですが、

それらと受講などのインプットを両立するのは至難の業です。

そして、それ以前にインプットが終わっていない状況で二次私大レベルの過去問演習は不可能です。

今のうちにどのくらいインプットを終わらせられるかが勝負です。

 

受講と過去問を進める鍵は、ズバリ

予定を上手く立てることが出来たかどうか、です。

自分は過去問のどの科目にどのくらいの時間がかかるのか、そして復習にはどのくらいかかるのか、

明確にしてから予定を立てる必要があります。

1年分の演習をまだやっていない人は早めに終わらせて、

演習と復習にかかる時間を把握して

効率の良い学習を進めましょう。

 

ではまた。

 

2021年 6月 1日 全国統一高校生テストの重要性(東京工業大学物質理工学院1年 児玉優樹)

こんにちは。児玉です!

期末テストが近いのに課題がたくさん出てて困っています。

 

さて、今回のテーマは全国統一高校生テストの重要性です。

いよいよ6月の全統が近づいてきました。

皆さん、勉強は進んでいるでしょうか。

全国統一高校生テストの受験には2つの意味があります。

それは

 自分の立ち位置を把握すること

 自分の苦手を知ること

です。

 

まず、全国の高校生が受けるテストなので、今自分がどのくらいのレベルなのかを把握することが出来ます。

最近2、3ヶ月くらいの勉強の成果が出ているか確認するチャンスです。

 

また、自分の得意不得意を知るチャンスでもあります。

全国統一高校生テストの問題は広い範囲から満遍なく出題されます。

そのため、苦手な分野を把握して、これからの勉強に生かすことが出来ます。

もちろん、把握するだけでは意味がありませんが、しっかりと復習をすることで成績をさらに伸ばすことが出来ると思います。

 

模試なんてめんどくさいと思う人もいるかもしれませんが、受験するメリットはたくさんあります!

自分の糧となるように意識して、全統に臨みましょう!!

 

次回のブログもお楽しみに!

2021年 5月 31日 全国統一高校生テストの重要性(中央大学経済学部2年 西居 陸)

こんにちは、西居です

暑くなってきましたね、如何にも夏の陽気っていう感じがします。

海などに行くのは今年も我慢しなければならない予感がしますが・・・・。

 

さて、今回のテーマですが

「全国統一高校生テストの重要性」です

全国統一高校生テストは、

共通テスト本番と同形式で行われる全国規模の模試です。

そんな全国統一高校生テストですが、今回は

「模試を受けたあと」

にフォーカスして、重要な点を紹介していきたいと思います!

①判定は気にしない

志望大学ごとにA~Eまで判定が出ますが、

多くの人は思った通りの判定は出ない可能性が高いです。

第一志望校というものは全員にとって高い目標であるわけなので

ほとんどの場合E判定になる可能性が高いです。

それよりも注意して見るポイントは、

「偏差値」そして「平均点」です

自分の位置を見比べるとき、

第一志望大学と比較するとひどく落ち込んでしまいます。

相対評価をする際は、偏差値や平均点を用いるようにしてください。

そうすれば、全国の中で自分がどのくらいの位置にいるのか

把握しやすくなります。

②復習にこだわる

模試は受けたらおしまいではありません。

必ず復習をしてください。

自分の弱点はなにか、注意すべきポイントはどこか・・・など。

何事も「相手を知る」ことが重要です。

解説を熟読し、復習に励んで下さい。

 

それでは、また。

 

2021年 5月 30日 全国統一高校生テストの重要性(日本女子大学人間社会学部2年 戸張桜子)

こんにちは!戸張です!

最近暑くなってきましたね!

体調を崩さないように気をつけましょう!

 

今日は「全国統一高校生テストの重要性」についてお話したいと思います!

皆さんは模試の対策を行って取り組むことが出来ていますか?

模試をその日だけのものにしてしまっている人も多いのではないでしょうか?

私自身は模試を一日だけのものにしてしまっている人でした。

 

それでは模試を受けている意味は殆どないに等しいです。

ただその場しのぎで模試を受験することは誰でも可能です。

 

模試を受けるときに重要なのは、

①前回の模試の結果を踏まえた上での対策

②受験後の復習

主に以上の2つだと思います。

 

まず

①前回の模試の結果を踏まえた上での対策 

前回の模試で出来なかった分野は把握して勉強できているでしょうか。

前回出来なかった分野がまたできないのであれば、何も成長出来ていないことになってしまいます。

苦手を克服しないと得点を上げることは出来ません!!!

模試は苦手を把握できる最適なツールであるのだから、最大限活用しましょう。

 

次に

②受験後の復習

皆さんは模試の復習をしていますか?

受けっぱなしにしてしまっている人もいると思います。

模試の復習が面倒になってしまうのは、直ぐにやっていないからです。

時間が経てば経つほど内容を忘れてしまうし、面倒になってしまうのは当たり前のこと。

受験したらその日に復習するようにしましょう!!!!

 

今日は難関大・有名大模試があります!

しっかり復習して意味のある模試にしましょう!!!!