ブログ | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 

2024年 6月 21日 分析マスターになろう(日本体育大学児童スポーツ教育学部2年 吉澤綾芽)

こんにちは!吉澤です。

今これを書いているのは6/19なのですが、今日急激に暑くなりました…

人は暑さに慣れるまで7日~10日かかるそうなので6月でも(こそ?)熱中症は油断できませんね。

みなさん気を付けてください!

 

さて、今日のテーマは過去問の進め方です。

現在多くの受験生が過去問に取り組んでいると思います。

みなさん過去問を無駄にしていませんか?自分の物にできてますか?

過去問を解くとそれだけでめっちゃ勉強した気持ちになると思います。

もちろん取り組んでいること自体素晴らしいし、勉強ではあるのですが、過去問は解いた後からが本番です。

どこができてどこができなかったのか。できなかった問題は時間が足りなかったからなのか、時間をかけても解き方がわからなかったのか。

過去問演習では解き直しと共に分析が非常に大事になってきます。

過去問を解いてその大学(もしくは共通テスト)の傾向を知ったり、自分はどういったところでつまずきやすいのかを探ったり、過去問に取り組むことによってたくさんの気づきを得て学びを深められるようにしましょう!

 

書いただけで満足してしまいそうな人は要検討ですが、過去問ノートなどを作成して間違えた問題をメモしたり分析結果を記録したりするのもすごく良いアイディアだと思います。

取り組んでいてやり方が不安になったらいつでも気軽に担任助手に相談してくださいね。

 

それでは今日はこの辺で。

 

2024年 6月 19日 過去問演習をするにあたって(慶応義塾大学法学部2年北門功大)

こんにちは!北門功大です!

なんか気が付けば6月も残りわずかでほんとに梅雨?っていう気分になってます。

とはいえ雨が降るよりは全然晴れてる方が良いのでこのまま晴れ続けてほしいですね。

さて、この時期になると共通テストの過去問演習を始めていく時期となります。

今回は、これからどんどん過去問演習を進めていくにあたって、伝えたいことを伝えようと思います。

もしよかったら参考にしてみてください!

まず、過去問は、有限であり、自分と志望校の距離を知るための最高のツールです。

それを無駄にしないためにも、まずはペースを決めましょう。

どんどん過去問に意欲的に取り組むことは非常に素晴らしいことですが、復習が溜まってしまっては意味がありません。

そうならないためにも、自分に合ったペースを見つけ、それに沿って演習を進めるようにしましょう。

また、先ほども触れましたが、復習についてです。過去問は、どうしても解くほうに目が行きがちですが、

同じくらい復習が大切です。

点数が上がるのは、解けなかった問題を解けるようになった時です。

復習をすることで、まずは解けなかった問題を理解するところから始めてみましょう!

そして今まで解けなかったところが解けるようになれば、勉強の楽しさも少しづつ実感できるかもしれないですね。

今回はこの辺で終わろうと思います。

それでは。

2024年 6月 18日 過去問演習に入る前に!(早稲田大学先進理工学部一年諏訪百音)

こんにちは!一年担任助手の諏訪です。

大学で一緒に授業を受ける友達ができたので、最近毎日楽しいです!

 

さて、今回のブログのテーマは受験生に向けてです!

いよいよ受験の天王山と言われる夏休みまであと一ヶ月ほどとなりました。高3生の皆さんは受験本番が少しずつ現実味を帯びてきて、一気に緊張感が増すころだと思います。

私からは、そんなみなさんに向けて夏前の努力量の大切さをお伝えしようと思います。

 

私個人的には、夏休みに入るまでの勉強で夏以降の勉強のクオリティが何倍も変わると思っています。

共テや二次の過去問演習に入ってしまったら、今までのような基礎的な勉強をする時間はほとんど取れなくなります。

私の場合、過去問をやって、復習して、合間時間に単語や無機化学や倫政の暗記をして、、これで気づいたら一日があっという間に終わります。

もちろん過去問によって大きく成績が伸びるのが夏休みですが、基礎が疎かになっている生徒にとっては全く意味のない勉強になってしまう苦痛な期間になるだろうと思います。

だから、高3生の皆さんは夏前に本当に全力で苦手を潰しましょう!夏休みに沢山時間があると思って苦手から逃げていると、どんどん機会を逃して、受験本番までその分野が苦手なままになってしまいます。これは私の実談です、、。

そして、東大や京大などの最難関校を目指す生徒でも基礎レベルを完璧に網羅することは後々本当に本当に大きなアドバンテージになります。

基礎がしっかりしていれば+αの知識が入っていなくても基礎知識の組み合わせで二次レベルの問題も対応できる場合がほとんどです。

 

とにかくみなさんに伝えたいのは、夏休みまでに基礎レベルを完璧に!ということです。講座が残っている生徒は、講座をなるべく早く終わらせて復習の時間を多く取れるようにすると良いですし、もう終わっている生徒は、模試の結果や過去問演習の結果を受けて自分の苦手分野をもう一度徹底的に見直しましょう。

 

今頑張った分だけ、夏休みの勉強が意味あるものになります。今が踏ん張りどきです!私の中間試験も、今が踏ん張りどきなので、一緒にがんばっていきましょう!

 

2024年 6月 13日 過去問の取り組み方(早稲田大学商学部2年 波江野旬)

みなさんこんにちは

2年担任助手の波江野です!

今回は「過去問の取り組み方」についてお話したいと思います。

主に受験生に向けた話になると思います

 

過去問

共通テストにしても、二次私大にしてもまず重要なのはどのよう難易度でどのような問題が出るかを知ることです

ぜひ一旦解いてみて下さい 今後の自分の勉強方針がどのレベルの知識が必要か分かることでより明確になると思います

 

また過去問を解いた後の分析が最も重要です

先程の難易度や形式を知ることにも近いのですが、解いた問題のあっているところ、間違っているところをみて

なぜ間違えたのかを細かく分析することが重要です

英語だったら、長文でも読めなかった、間に合わなかったなどは基本的な単語熟語がきちんと覚えきれていないからそのようになってしまうことが多いです

過去問の復習方法に完璧な形はありません 自分で分析する中で創っていってください 

どうしてもうまくいかないと思うときは調べたり、他の人に話を聞いてみて下さい

 

過去問はもっとも志望校の対策に効果的だと思います

一年も無駄にせず効果的な過去問演習をしていきましょう!

 

2024年 6月 11日 夢と志(早稲田大学文学部2年 佐藤那哉)

 

皆さんこんにちは。担任助手2年の佐藤です。

6月に入り、だんだん気温が上がってきましたね。

 

今日は夢・志について話したいと思います。

高2以下の皆さんは志作文を書いてくれたことが記憶に新しいかと思います。

 

私は夢・志が、受験勉強のモチベーションに繋がると考えます。

夢・志をもつことで日頃の学習において、明確な目的意識を持つことができます。

また、志望大学・学部を決めるのにも役に立つことでしょう。

さらに、大学に入ってからの勉強も実のあるものにしやすくなります。

一方で、「夢・志」を持っていない生徒は、受験勉強の途中で挫折したりしてしまうことが多いように思います。

 

正直、自分は受験生時代に明確な志を持つことは出来ませんでした。

そのため、モチベーションを維持し続けることが厳しい時期もありました。

なので、夢・志を持っている生徒がうらやましく感じます。

夢・志を持っている生徒は自信をもって日頃の勉強に励むようにしてください!

 

次回は波江野先生です。お楽しみに~