ブログ | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 

2022年 10月 5日 ご飯が息抜きだった受験生時代(明治大学政治経済学部3年 加藤景大)

 

こんにちは!加藤です。今日のテーマは「息抜きの仕方」です。

自分はこれといった息抜きをするタイプではなかったのですが、受験生時代の楽しみはでした。

「食」といっても、皆さんは普段学校に行っていると思うので、自分で食事をチョイスすることは少ないと思います。

自分自身も、高校時代はお弁当だったので、平日のご飯は大体決まっていました。

平日はまとまった勉強時間があまり多くはないので、息抜きは必要ではなかったのですが、長時間連続で勉強する休日にはどうしてもリフレッシュが必要でした。

ただ、時間のかかるリフレッシュは時間の無駄だと思っていたので、昼休みのご飯で何とか一日分のリフレッシュをしたい!と考えていました。

具体的には東進から近い行きたい店リストを作って、その中から1軒チョイスして食べに行く、という生活をしていました。

 

自分は午前中にどうしても集中力が上がらなかったのですが、昼休みの楽しみをモチベーションに頑張ることができていました!

毎日勉強漬けの生活は多少のストレスをもたらしますが、程よい息抜きはストレスを軽減させてくれる効果もあり、プラスの影響をもたらします!

皆さんも自分なりの方法を考えて、実践してみて下さい!

 

 

2022年 10月 3日 大学生活(明治大学1年上田竜馬)

こんにちは!上田です

 

最近体育でゴルフの授業が始まりました

最初はフォーム固めのためにひたすら打ち込むのですが

自分が打っているとき毎回先生が後ろにいて

他の人もいるのにほぼマンツーマンレッスンになっていました

最後に先生から「授業じゃなかったらお金取れる」

という謎の自慢をされました

次の授業が憂鬱です

 

さてここで

 

都立大学のお昼ご飯を紹介するコーナー

に移りたいと思います

 

今回紹介するお店は

 

ブロッサムヒル

 

です

 

カルフォルニアをイメージした店内で

おしゃれな空間となっています

ランチメニューが豊富でどれもおいしそうでした

自分はBLTサンドを食べたのですが

レタスはシャキシャキでベーコンは分厚くて

とてもおいしかったです

是非行ってみてください!

 

それでは本題に移りたいと思います

 

今回のテーマは

 

大学生活

 

についてです

 

大学はどんなところか

大学で何を学んでいるか

などの話はいろいろなところで聞いたと思います

 

なのでここでは少し踏み込んで

わたしの大学生活について

話をしていこうと思います

 

まずは当たり前ですが授業を受けています

語学に関してはドイツ語を取っているのですが

むずすぎて何言ってるか分かりません

何でドイツ語取ったんだって話になると

ここでは言えないので

知りたい人は直接聞いてください(笑)

 

 

次にサークル活動をしています

私は二つのサークルに入っています

軟式野球のサークル東大金融研究会

というものに入っています

 

野球のサークルは週に3回の活動日があり2~4時間くらい練習しています

大会がたくさんあるので合宿することも多く

皆とすぐ仲良くなれます!

ユニフォームもパーカーも

チームで統一したものがあってとても気に入っています

またサークル内で写真を撮る際に必ずするポーズがあります

全力笑顔で両手をパーにして親指を頬につける感じのポーズです

みんなもやってみてね!

 

 

最後に空きコマと言われる授業がない時間を使って

おいしいご飯をよく食べに行っています

インスタで有名なところによく行くので

リサーチは欠かさず行っています笑

 

あと大学終わりに渋谷などに買い物に行くこともあります

店員とお話するのが好きなんですよね笑

 

 

このように大学生は自分の好きなように生活できます

周りには毎日パン屋巡りしている人カラオケに入り浸っている人

など様々な人がいます

 

皆さんも数年後大学生になっているでしょう

こうした自由を掴むためにも

いま勉強を頑張りましょう!!

 

これで今回のブログは終わりです

次回もお楽しみに~

 

 

 

 

 

 

2022年 10月 3日 私のサークル活動について (上智大学総合人間科学部1年 伊藤里名)

 

こんにちは!伊藤です。皆さん10月に入りましたが調子はどうですか?

あちこちで金木犀のいい香りがしますよね。私はあの香りがとても好きです。でも花粉も飛び始めているので、秋は花粉さえなければいいのになと思います、、、

 

さて今回のブログは”私の入っているサークル”についてです!みなさん私が入っているサークルはご存知ですか?

実は、私はスポーツを通してボランティアをするGo Beyondというサークルと上智聖歌隊2団体に所属しています。と言っても前者の方はたまにしか参加しないので、今回は上智聖歌隊について紹介していこうかなと思います!

 

上智大学はカトリックの学校なので聖歌隊があり、大学の隣には聖イグナチオ教会があります。聖イグナチオ教会は日本のカトリックの総本山の教会なので大きくて綺麗です!聖歌隊はイベント時にそこで歌わせてもらうことが多いです。また、上智聖歌隊は実はインカレなので他大学専門学校から来たという人も何人かいます。

名前の通り聖歌を歌うのですが、活動内容は様々で

春には復活徹夜祭、卒業式、入学式、夏にはサマーコンサート、秋には先哲祭、冬にはクリスマスコンサートその他にも毎週の金ミサ、結婚式、ホテルニューオータニで歌わせていただくこともあります!

そんな感じで常に歌の練習をしているわけなので、他のサークルよりも圧倒的に部活っぽい団体です。

しかし体育系の部活と違って上下関係というのがほぼなく、先輩方もとてもとてもおおらかな方が多いのでいつも楽しいです。

なにより教会などの響く場所でみんなで歌うととてもきれいに響くのでとっても気持ちがいいです!そして、コンサートの後にはいつも打ち上げがあるので、わいわいにぎやかです。

合宿や巡礼(旅行)もあって、巡礼はイタリアに行くこともあるみたいです!

ちなみに今年は長崎の五島巡礼でした。私も参加したのですが、顧問の先生が神父様なので毎日ミサをしました。(ちなみに私は信者ではないですが参加しました)3泊4日教会をひたすら見たのですが、意外と面白かったです。

合宿では花火をしたりそれなりの青春が味わえます(笑)

 

 

以上が私のサークル活動についてでしたがいかがでしたでしょうか?もっと詳しく知りたい人は私に直接聞きに来てくれれば写真もあるので気軽に聞いてください!

 

それでは次回もお楽しみに!

 

 

2022年 10月 2日 歩くことのススメ(東京工業大学2年 児玉優樹)

こんにちは!児玉です!

前にブログでちらっと言いましたが、2週間前くらいに函館に一人旅に行ってきました。

函館と言えば100万ドルの夜景が有名ですよね。函館山という山の山頂から見ることができます。

どんな素晴らしい景色が見れるんだろうかとワクワクしながら、

19時ごろに函館山の山頂へと着いたわけです。

そこには見渡す限りのきれいな夜景!!!

 

となる予定だったのですが、信じられないくらい大量の霧がかかっていて、

見渡す限り真っ白な、もやもや世界でした。

たまに少し霧が晴れて夜景らしきものが見えそうになり、

おぉ!!!と周りで声が上がる瞬間もあったのですが、

嫌がらせかよと言いたくなるようなタイミングでまた濃い霧が流れてきて、

見ることは出来ませんでした。

100万ドルください。

 

さて、どうでもいい話が長くなってしまいましたが、

今日のテーマは「息抜きをどうしていたか」です。

受験生だけでなく低学年の生徒も頭に置いておいて欲しいのですが、

息抜きは、いかに時間を短くできるかというのも大切だと思います。

極端な話、1時間とか時間をおいてしまえば誰だって集中力は戻ります。

限りなく勉強に時間を割くための休憩であると理解してください。

 

さて、自分が息抜きするときは「歩く」ことが多かったです。

息抜きとしての「歩く」には程度があります。

 

①ごく短い距離

ホームクラスで勉強していてちょっと疲れたなと感じ始めたときなどは、何も捨てるものがないのにコミュニケーションスペースのゴミ箱のとこに行って、何かを捨てるふりをして戻ったりしてました。席を立つという動作だけでも結構リフレッシュできたりします。ついでに伸びをしたりすれば、まあ大抵の場合は大丈夫です。というか、これで大丈夫なくらいの集中力や体力は持っておくべきです。

 

②散歩

やっぱりどうしてもしんどいときはあります。そんなときはしれっと外に行って近くを10分くらいぶらぶらして、しれっと戻ってきたりしていました。外に出ると心なしか空気も違うような気がして、ちょっとすっきりした気分になります。ただし、あんまり外に出過ぎると担任助手に怪しまれるので、1日1回限定の切り札でした。

 

「歩く」ことをおすすめするのは、必要以上に勉強以外のことに気が散ることがないからです。

息抜きに本を読んだり、自分の趣味に時間を使ったりするのもいいですが、没頭しすぎてしまったり、勉強に戻った後もそのことが気になってしまったりして、あまりおすすめできません。

自分も高2まではめちゃめちゃ本を読むのが好きで、行き帰りの電車の中では必ず本を読んでいたのですが、高3の1年間は1冊も読まなかったです。

まあ、そのせいで受験が終わった後も本を読まなくなってしまったのですが(笑)

 

皆さんも自分なりの、時間のかからない息抜きを見つけておくと、この先精神的にも体力的にも楽になると思います。

今日のブログは以上です!次回もお楽しみに!

2022年 10月 1日 部活動 (慶應義塾大学1年 吉儀雄太)

こんにちは! 吉儀です。

先日、ハマスタに巨人を応援しに行きました。結果は完封負けでした。 最悪の結果でした。

 

 

それはさておき、今回のテーマは「部活、サークル」です。

 

前回のブログで触れましたが、皆さん覚えていますか?

 

前回説明しつくした感はあるので今回は短めにします。

 

再度になりますが、私は理工学部體育會硬式野球部に所属しています。

 

私は、小学校から高校まで野球を続けてきましたが、大学野球で1つ今までと大きく異なることがありました。

 

それは、木製バットです。体育会硬式野球部、プロと同じです!!

 

特徴はいろいろありますがまず、簡単に折れます。

 

プロ野球でたまにバットが折れるのをテレビ等で見たことはないですか?

 

あんな感じで振り遅れたり、バットに当たる位置が悪ければ簡単に折れます。

 

価格帯はバラバラですがだいたい1本10000円くらいするため、折れるのを恐れ練習にマイバットを持っていくのを拒否しています。

 

あと、芯に当てないととびません。また、金属と比べマジでとびにくいです。

 

高校時の金属バットはバットの先や、根っこにあたっても振る力があればとびますが、木製だとぼてぼてのあたりになってしまいます。

 

私は、第一志望校に無事合格したら準硬式野球部に所属しようと思っていたので、木製で打つことは考えていませんでした。

 

ちな、準硬式のポールとは簡単に言うと、中は硬式、外は軟式っていう感じです。と書きましたが自分自身準硬式ボールに触れたことな

いので、準硬式を体験したいものです。

 

前回触れましたが、近々東京ドームで深夜野球ができるので、楽しんできます!

 

アドバイス0で申し訳ないですが今回も最後までお読みいただきありがとうございました!