ブログ | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 

2022年 5月 18日 過去問演習に向けて今やっておくべきこと(東京理科大学薬学部 清船大雅)

皆さんこんにちは!担任助手の清船です!

受験が刻々と迫っていますが、そろそろ焦りは感じてきましたか?

今回のテーマは「過去問演習に向けて今やっておくべきこと」です。

東進で過去問の重要性や早くからはじめることの意味は何回も聞いているけれど、スムーズに進めるには何をすればよいのかあまり分からない人も多いと思います。

 

まず初めに過去問を解き始めたときに衝撃焦りを覚える人が多いと思います

過去問を解いてみて最初は本番までに解けるようになるか不安な人も多いと思います。でも安心してください!それが普通です

重要なのはここから先です!むやみに勉強法を変えたり、諦めたりしないことが大切です。

東進生は担任や担任助手としっかりと計画を立てているはずですし、勉強法も大体は決まっているはずです。そのシステムを信じてください!どうしても不安なことがあるときは気軽に相談してください

今は点数ばかり気にしないでください。点数なんて本番取れれば十分です。

冷静に自分の回答を分析し、改善しようと努力していくことが重要です!

 

そんな心持で過去問に臨めるようにするには今の時期に公式や単語暗記などの基礎をしっかりと固めておき、自分が今どの分野が得意でどの分野がうまく解けないかを把握しておくことです!

今の時期の地道な努力が後々重要になってきます!

定期テストや体育祭などもあるこの時期ですが勉強においても過去問演習前の重要な時期ですので頑張ってください!今回はこの辺で終わります!

 

次回もお楽しみに!

 

2022年 5月 16日 東進と定期テストの両立(お茶の水女子大学文教育学部1年 杉﨑朱佳里)

こんにちは、杉崎です!
この前大学に向かっている最中、急に受験時代を思い出して感慨深くなりました。
大学生になって既に1ヶ月以上経っていることが信じられないです・・・
 
今回は「東進と定期テストの両立」
について、
特に低学年の生徒に向けてお話ししたいと思います!
 
そろそろ中間試験が近付き、焦っている人も多いのではないでしょうか。
また、定期テスト前になると東進の受講や登校をできなくなる生徒もいると思います。私もその一人だったのでとてもよく分かります。。
 
しかし、一番大切なことは普段のペースを崩さないことだと思います。
定期テスト前だからといって受講をゼロにしてしまったり、
校舎に来なくなってしまうと、
テストが終わった後に以前の勉強に戻るのが大変になってしまいます。
なので、例えば定期テストと同じ範囲の講座があればそれを重点的に受講したり、英語の講座を長文問題の対策や速読の練習に活用するのも良いと思います!
 
定期テストだからと言って東進から離れ過ぎず、上手く活用して継続することが大切だと思います。
ぜひ自分なりの活用法を見つけてみて下さい!
 
それでは次回のブログもお楽しみに!
 
 
 
 
 
 

2022年 5月 14日 過去問演習に向けて今やっておくべきこと(東京工業大学1年 江川俊)

こんにちは!江川俊です。担任助手になってはや一か月が経ちました。これからも精進していきます。

さて、今回のブログのテーマは過去問演習に向けて今やっておくべきこと」です。

ゴールデンウィークが終わり、次は受験の天王山、夏休み。

まだ5月じゃん、と思っているといつの間にか目の前に迫ってくるものです。

そろそろ始まり、以後受験勉強のかなりの範囲を占めるのが過去問演習。

合否に直結する重要な勉強です。

この演習を充実させるためにいまやっておくべきこと、それは基礎を固めることです。

 

手順は簡単。

まず、受験科目の既習範囲を満遍なく見てみましょう。

この際、少しでも自分の理解に不安がある範囲はメモしておきましょう。

次に、この不安のある範囲の理解を深めましょう。

基礎事項はすべて網羅し、教科書や問題集の基本問題は解けるよう学習しましょう。

知識はすべて自分の言葉で語れるようにしておくと良いですね。

苦手はなくすこと

受験本番が近づくにつれ、時間が足りなくなり苦手克服に割ける時間は少なくなる一方、

過去問演習での苦手範囲の存在感は日に日に増していき、精神的に苦しむことになります。

精神的圧迫感少なく時間に比較的余裕のある今こそ、苦手はなくしておくべきです。

過去問演習が楽しくなるという効果もあります。

 

ではなぜ基礎を固めなければならないのか。

理由は、過去問が基礎の組み合わせで解けることにあります。

入試問題は応用問題の塊です。

応用問題を解くには基礎を深く理解したうえで、それをいかに組み合わせて考えるかが肝要です。

組み合わせる基礎が無ければ、問題が解けないのは自明。

また、難関校ほど見たことのない問題を出し、それを解くのに必要なのは基礎の深い理解となります。

 

 

基礎を固めておくと、過去問演習が楽しくなります。

私の高校のクラスメイトは、彼女のみならず受験生全体が苦手とする傾向のある数学Aの確率の範囲をこの時期に固め、以後直前期の学校の数学の時間における過去問演習でも嬉々として確率範囲を解いていました。

私も基礎を固めるのに多くの時間を費やした物理は、過去問演習が楽しかったです。

不安な範囲をなくし、どんと来いやと過去問演習で志望校の傾向をつかんで、合格にまた一歩近づこう!

 

 

それではまた次回!

2022年 5月 13日 東進と定期テストの両立(慶應義塾大学理工学部機械工学科2年 羽根田一輝)

こんにちは、羽根田です。なんか暖かくなってきたので、早く夏休みにならないかなともう思い始めている今日この頃です。。

 さて、今回のブログのテーマは「東進と定期テストの両立」です。低学年に向けたテーマです。そろそろ1学期の中間テストの時期になってくると思うので、ぜひ参考にして下さい。自分も学校の定期試験がある度に苦しんでいた記憶があります。それはなぜかというと、普段から学校の復習などをちゃんとやっていたわけではなく、その上に家庭科などといった正直どうでもいいといった教科まで勉強しないといけなかったからです。ではどうすればよいのかと言えば、日ごろからこつこつ復習するしかありません。これに尽きますが、そこまで真面目になるのも難しいですよね。たしかに毎日学校の復習をするのは気が向かないと思います。そこで、数学などといった重い教科は土日だけでいいのででこつこつ復習演習をし、試験直前は不安なところだけやっとけば良いという状況にしておくのはどうでしょうか。そうすれば、試験直前は暗記科目などに十分な時間がとれると思います。簡潔にまとめれば、平日より時間のあるはずの土日祝日でいかに学校の復習に時間を割けるかが、東進や他塾との両立の鍵になるかもということです。

それでは今回のブログは以上です。次回のブログもお楽しみに!

2022年 5月 12日 東進と定期テストの両立(明治大学政治経済学部1年 上田竜馬)

こんにちは!上田です

欲しい香水がありすぎて最近困っています

このブログでは毎回おすすめの香水を紹介していこうと思います

今回紹介する香水は

ジョーマローンブラックベリー&ベイコロン

です!!

ジューシーなブラックベリーの匂いがして男性女性問わず好まれる香りです

爽やかな印象を持たれたい方はおすすめです!!

 

今回のブログのテーマは

東進と定期テストの両立です

 

受験生はもう東進で習っている範囲がほとんどだと思うので

時間を割いて対策はしなくていいと思います

 

高2生以下は受講と定期テスト対策の両立は大変だと思います

そこで私がやっていたのは

 

いつものペースを崩さないように

定期テスト対策でできない分を早めにやっておくことです

 

もし今やっている受講が定期テストの範囲と被っていれば対策として受講すると良いと思います

また、既習範囲であればテキストを振り返って復習すると

対策にもなるし、受講の理解を深めることもできます

 

定期テストも東進での勉強もどちらも大事なので

これから自分なりの両立の仕方を見つけていきましょう!

 

これで今回のブログは終わりです~

次回もお楽しみに~