ブログ | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 - Part 5 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ 

2021年 10月 11日 併願校対策(東京工業大学物質理工学院1年 児玉優樹)

こんにちは、児玉です!

共通テストの出願も終わり、受験生はいよいよ受験が近づいてきたという意識が強くなっているのではないですか?

今日のテーマは併願校対策です!

第一志望校の対策は順調に進めているけど、併願校の対策はどうすればよいかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

第一志望校の対策をしていれば併願校対策にもなるという考え方を持っている人がいたらそれは間違いです。

大学入試には各大学ごとに特徴があり、クセがあります。

必ずしも大学の偏差値=入試問題の解きやすさとはならないのが大学入試です。

 

一方で、きちんと対策をすればある程度解きやすくなるのも入試の特徴です。

個人的な話ですが、私は早稲田の理工学部を併願校として受験しました。早稲田の理工の英語はクセが強くて難しいことで有名です。

しかし、過去問を5年分解いて対策した結果、本番でとても似たような内容の文章が出て、かなり楽に解くことができました。

 

皆さんも併願校だからといって侮らずに、万全の対策をして受験に臨みましょう!

 

次回のブログもお楽しみに!!


2021年 10月 9日 併願校の決め方(慶應義塾大学理工学部1年 羽根田一輝)

こんにちは。羽根田です

今回のテーマは「併願校の決め方」です。高3の人だと、おそらく第2志望までは決まっているが、それ以下はどうしようか決めれてない人が多いのではないでしょうか?冬に入るあたりから決め始めると思うので、その際に参考にしてくれると幸いです

自分は理系ですが、文理問わず受験校を決める際に大切だと思うのは、①やりたいことを学べる学科があるのか、②試験難易度が偏っていないか、③試験日程が偏っていないかといったところだと思います。

 

①に関しては、進学するかもしれないということを考えると当然のことだと思います。

②に関して、受験の最初の方はめっちゃ緊張する人が多いと思いますが、そこで急に難易度の高い試験を受けると、自分の実力を出し切れずモヤモヤした気持ちのままその後の受験をすることになってしまいます。そうすると、つぎつぎとくる受験に対しての自分の中のリズムが作れません。第一志望校本番で実力を出すためにも、大学の難易度をよく知る先生、先輩方とちゃんと相談しましょう!

③に関して、受験校が多いほど2月に入ってからの時間の流れはかなり早いと思います。それくらい自分がやりたい勉強を余裕をもって行なえないということです。試験慣れの意味も含めて一定の数を受ける必要はあると思いますが、詰めすぎは本当によくありません。特に理系の人は周りと相談しつつ、余裕を持った併願校決めをしましょう!

ただ、今は第一志望合格を一番に考えて勉強していきましょう!応援しています!!

2021年 10月 7日 併願校の対策(慶應義塾大学商学部4年 三浦翼)

こんにちは。

大学がついに再開した三浦です。学生生活もラスト半年なので、最後勉強も遊びも満喫してしっかり卒業したいです。

 

今回は「併願校の対策」ということで、まずは併願校の決め方について自分の経験からアドバイスしたいと思います。

 

僕は漠然と経済・経営系の学部に進みたいと思っていました。

中3の時に担任の先生が世界の経済の話をしていて、お金というものに興味を持ったからです。

明確に将来の夢が無かったので、経済・経営系の学部の中でレベルの高い大学から志望していったという形で第一志望、併願校を決めました。

第一志望校は行きたい大学学部があるという人は多いですが、併願校に関してはそこまで固まっていない人が多いと感じています。

そんな人は、自分が興味のある分野の学部がある大学を選ぶというのも方法としてはありだと思います。

 

次に併願校の対策についてお話します。

僕は最終的にセンター利用入試を除いて、国公立2校(前期、後期)と私大4校6学部(個別5つ、全学部1つ)に出願しました。

併願校の試験としては、主に私大の個別試験5つを中心にしていました。

これらの対策としてやっていたことは、基本的には「過去問を解いて演習し、傾向をつかむ」ということでした。

5つ全ての大学学部の過去問を8年ずつ解き、試験直前に正答率が良かったものをいくつか解きなおしていました。

直前に解きなおしたのは、良いイメージで本番を迎えようとしたからです。

過去問をやったことで演習量を確保でき、苦手意識無く取り組むことができました。

進め方としては、解いたあとに数学はしっかりと時間をかけて復習し、英国は軽く復習をして次のものに取り掛かっていました。

僕は第一志望に時間をかけたかったのでできるだけスピード感を持って進んでいきたいと思い、この進め方をしていました。

しかし、正答率や復習のスピードによって復習にかける時間を調整したほうがいいと思います。

 

併願校の対策は後回しにしがちですが、どんな大学であれ対策しなければ合格できません。

第一志望への思いは持ち続けながら、併願校にも逃げずに対策していきましょう!

2021年 10月 5日 併願校の決め方(明治大学文学部4年 松浦 樂)

こんにちは。

今回は「併願校の決め方」というテーマでお話しようと思います。

受験生はもう決めなきゃ、高2生以下もイメージは膨らませておきたい、そんな時期だと思います。

中学受験や高校受験と違って、行きたい学校!の中に更に学部、学科というくくりがあるので、今までのようには決められませんよね。

ポイントは以下の2つ、だと思います。

①進学したい!と思えるか

②受験日程が連続しすぎないか

 

①は大前提でしょう。

4年間を過ごすわけ可能性があるわけですから、当然併願校であってもしっかり調べてほしいと思いますし、その上でそこで暮らす自分をイメージできるかどうか、は大事なポイントになります。

②も軽視されがちですが重要です。

個人的には3日連続での受験が限度だと思っています。できれば2日連続で抑えてほしいと思います。

何日も連続で受験、となると、どこかで失敗してしまった場合のリカバリーも効かなくなります。

体力、メンタル的な側面も大きいですし、受験前日にもアップ感覚で最後の対策はして欲しいですからね。

 

その上で!

しっかり合格安全校、実力相応校、挑戦校を選んで受験する必要があります。

実力相応校、挑戦校は皆さん言われなくても受験すると思いますが、合格安全校はまあ程々でいいや、と思われがちです。

しかし、合格安全校にも拘っていきたいのが都立大流です。

早期の合格で大学生にはなれる、という自信をつけて本番に臨みたい。受験という雰囲気に慣れておきたい。仮に浪人、となった場合、どこまでのラインなら受かっていたのかを明確にしたい。

そこをしっかり対策するだけで、結果が大きく変わります。

 

そのためにも、今の自分の実力がどのレベルなのか、第一志望までどのくらい距離があるのか、を把握しておいて欲しいと思います。

もちろん体感でだいたいこのくらいだろうな…という感覚はあるでしょうが、それを言語化して、筋道立てて併願校選びをしていきましょう。

 

 

 

2021年 9月 28日 学校と東進の両立(慶應義塾大学商学部4年 三浦翼)

こんにちは。

先日友達と川サウナに行ってきました。非常に気持ちよかったので是非皆さんいつか行ってみてください。

 

今回は「学校と東進の両立」ということですが、①学校の授業や課題、試験との両立②部活との両立という2点をお伝えしたいと思います。

 

①学校の授業や課題、試験との両立

僕自身そこまで学校の成績に重点を置いていなかったので、どちらかというと受験勉強(主に東進の受講)をメインにやっていました。

しかし、学校のことをなにもやっていなかったかというとそうではなく、必要なことはきちんとやっていました。

学校の授業の予習や復習は必要な分を受講を受けたあとに校舎でやるか、学校の空き時間に終わらせていました。

課題に関してもできるだけ学校の空き時間で進めるようにして、校舎ではほとんどやらないでいいようにしていました。

試験勉強は1,2週間前から始めていましたが、まずは校舎に登校するということだけは決めて毎日来ていました。

その上で、高速基礎マスターに毎日触れたり、受講を最低週1コマするようにしていました。

学校に気が向きがちな時も、東進に登校することで少しでも両立への意識を持つことが重要だと思います。

 

②部活との両立

僕は部活を高3の8月まで続けていました。部活がある中で東進に来ることは中々ハードではありました。

そこで決めていたのはやはり、「必ず校舎に登校する」ということです。

まずはどんなに疲れていても校舎に行くことで、家で疲れてだらだらするよりもかは勉強ができると考えたので、きつくても登校するようにしていました。

 

皆さん学校と東進の両立に悩んでいる人も多いかもしれませんが、両立のためにはバランスが大事だと思います。

時期によってバランスを確認しながら両方を進めていくのがいいでしょう。

ただ注意しておくべきなのは、どちらかから完全に離れることは危険ということです。

完全にやらなくなると再度始める時に時間と気持ちの労力がかかる、逆に少なくても続けることで少しでも前進できるので、バランスを取りながら常に両方を進めることが重要です。

うまくバランスをとりながら両立していってください!