ブログ | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ 2021年09月の記事一覧

2021年 9月 28日 学校と東進の両立(慶應義塾大学商学部4年 三浦翼)

こんにちは。

先日友達と川サウナに行ってきました。非常に気持ちよかったので是非皆さんいつか行ってみてください。

 

今回は「学校と東進の両立」ということですが、①学校の授業や課題、試験との両立②部活との両立という2点をお伝えしたいと思います。

 

①学校の授業や課題、試験との両立

僕自身そこまで学校の成績に重点を置いていなかったので、どちらかというと受験勉強(主に東進の受講)をメインにやっていました。

しかし、学校のことをなにもやっていなかったかというとそうではなく、必要なことはきちんとやっていました。

学校の授業の予習や復習は必要な分を受講を受けたあとに校舎でやるか、学校の空き時間に終わらせていました。

課題に関してもできるだけ学校の空き時間で進めるようにして、校舎ではほとんどやらないでいいようにしていました。

試験勉強は1,2週間前から始めていましたが、まずは校舎に登校するということだけは決めて毎日来ていました。

その上で、高速基礎マスターに毎日触れたり、受講を最低週1コマするようにしていました。

学校に気が向きがちな時も、東進に登校することで少しでも両立への意識を持つことが重要だと思います。

 

②部活との両立

僕は部活を高3の8月まで続けていました。部活がある中で東進に来ることは中々ハードではありました。

そこで決めていたのはやはり、「必ず校舎に登校する」ということです。

まずはどんなに疲れていても校舎に行くことで、家で疲れてだらだらするよりもかは勉強ができると考えたので、きつくても登校するようにしていました。

 

皆さん学校と東進の両立に悩んでいる人も多いかもしれませんが、両立のためにはバランスが大事だと思います。

時期によってバランスを確認しながら両方を進めていくのがいいでしょう。

ただ注意しておくべきなのは、どちらかから完全に離れることは危険ということです。

完全にやらなくなると再度始める時に時間と気持ちの労力がかかる、逆に少なくても続けることで少しでも前進できるので、バランスを取りながら常に両方を進めることが重要です。

うまくバランスをとりながら両立していってください!

2021年 9月 23日 学校と東進の両立(慶應義塾大学 文学部 1年 大内海音)

こんにちは!!大内です!

 

月1回のブログ担当が回ってきました~~

 

毎回このブログで免許取得の進捗を書いてきましたが、それも今回で終わりです!

そう!ということはつまり・・・無事、免許を取ることができましたーーー!!!

なんとか夏休み中に取ることが出来て本当に良かったです!定期的に運転して、スキルを磨きたいと思います。

 

さて、今回のブログのテーマは、「学校と東進の両立」です!!

 

みなさんは、学校の課題やテスト勉強と、東進の受講や高速を両立することができているでしょうか??

夏休みの終わりに課題に追われて受講がおろそかになってしまったり、定期考査の勉強前は受講高速を完全にストップしてしまう生徒をよく見ます。

 

私も、低学年の時はとにかく定期考査の試験勉強に追われて、定期考査2週間前は全く東進の勉強に手がつかなくなっていました。

今思うと、短期記憶でなんとか乗り切っていたテスト勉強自体良くなかったし、せっかく受講して学んだことも2週間も間を空けると中間テストや修了判定テストで活かすことができなかったです。

そうなると、結局中間テストや修了判定テストも一発でSSを取ることが出来なくなっていました・・・本当に良くないサイクルです。

 

みなさんには、このような行き当たりばったりの勉強をして欲しくありません!!

 

学校と東進の勉強を両立する方法は、私は1つしかないと考えています。

それは、「どちらの勉強も日々コツコツと行なう」ということです!!

 

これは一番単純ですが一番難しいことです。ですが、なんだかんだ一番楽できる方法でもあります。

日々学校の授業の復習や課題提出を怠っていなければ、基本的にテスト直前に焦ることはありませんし、

東進の勉強も担任と講座を取る時に決めた週間受講コマを守っていれば、テスト直前でも無理なくペースを維持したまま受験勉強をすることができます。

 

これからテスト期間に突入していく生徒も多いと思いますが、思い立ったら即行動して、学校の勉強を東進の勉強の言い訳にしないよう頑張りましょう!!

 

次回のブログは航大さんです!!お楽しみに~~!!!

 

 

2021年 9月 14日 東進と学校の両立(中央大学経済学部2年 西居 陸)

こんにちは、西居です。

金木犀の香りがしてくる季節ですね

残暑とかもういいので、早く真冬になってほしいものです。

 

さて、今回のテーマは

「東進と学校の両立」です。

 

夏休みが終わりしばらく経ち、受験勉強だけに集中できる時間も限られていると思います。

その中で文化祭やなんやかんやあって学校の勉強も疎かになって・・・、なんていう悪循環に陥らないようにしましょう。

 

しかし、何も対策しないまま定期テストや部活の忙しい時期を迎えると

いい結果を生むことは出来ません。

 

簡単に、意識しておくべきポイントを紹介します。

 

①先を見て計画をたてる

普段自分が行っている学習を再確認しましょう。

毎日自分は何を勉強しているのか、どの科目に時間を多く使っているのか、

定期テスト前の勉強はどのように、どのくらいの時間を掛けて居るのか。

普段の自分を客観視することで効率的な学習計画を立てることが出来ます。

 

②普段の授業で分からない箇所を無くす

定期テストのための勉強は、いつの間にかこんなに時間を使っていた、なんてことがよくあります。

それは普段の授業で理解できなかった範囲をもう一度理解し直す所から勉強を初めているからです。

理解は一回で、端的にこなすことが重要です。

 

③学習の比重を考える

忙しい時期に色々なことを同時並行で行うことは難しいですが、

簡単に行うことができる勉強であればいろいろな科目を行うことが出来ます。

例えば高速基礎マスターに関しては定期試験中であっても演習することができる(しなくてはならない)のでおすすめです。

 

これらは一例に過ぎませんが、忙しい時期であっても工夫が大事です。

 

受験勉強と学校の両立、頑張りましょう。

 

2021年 9月 12日 東進と学校との両立(明治大学政治経済学部2年 加藤景大)

 

こんにちは 加藤です。今回のテーマは「学校と東進との両立」 です。 自分の高校時代を振り返りつつ、定期テスト前の詳細な勉強や部活のある日の勉強に関して述べていきたいと思います。

まずは定期テスト前の勉強に関してです。

自分は定期テスト2週間前から試験勉強を本格的に始めていました。推薦入試を考えていたことも有り、学校の勉強もそこそこ頑張る必要はあったため、東進の勉強は少なめにせざるを得ませんでした。

しかし、東進の勉強を完全にストップしてしまうと、学習効果が薄れてしまうことは明らかだったので、最低限の受講と高速基礎マスターの演習は行っていました。

受講に関しては週3コマ、高速基礎マスターに関してはスキマ時間を活用しながら。普段どおりの量と質を保とうと意識していました。

試験期間中に少しでも東進の勉強に取り組んでおくと、試験後の勉強が楽になります。

 

次に部活のある日の勉強に関してです。意識していたこととしては部活後はとりあえず東進に直行するようにしていました。自分は夜19時位まで活動があったので、東進に到着するのは20時くらいでした。

やはり部活の後は疲れが溜まってしまい、特に集中が必要な数学などの受講ははかどらなかったので、英語の受講や社会科目の受講に取り組んでいました。

受講に加えて高速基礎マスターも欠かさず行っていました。

自分の勉強の具体的な進め方は以上になります。是非参考にして頂ければと思います!

 

 

2021年 9月 10日 単元ジャンル別演習の活用方法(電気通信大学情報理工学域1年 大室 和志)

こんにちは! 携帯を水没させた大室です

 

今回のブログでは

「単元ジャンル別演習の活用方法」

について書いていきます

 

そもそも単元ジャンル別演習では

模試や過去問の結果と第一志望校の出題傾向を照らし合わせて

解くべき問題を演習できます

 

確かに、単純に優先順位の高い問題から解いて

復習するだけでも効果はありますが

自分がオススメする活用方法は

返却された答案のコメントをしっかり読んで

「なぜ間違えたのか、なぜ解けなかったのか」を考えることです。

言い換えれば、問題にしっかり向き合うことです

 

単元ジャンル別演習では

おおよそ4日で答案が返却される上に、添削者のコメントが付くので、

自主学習や記述模試と比べ復習がとてもしやすいので

パパっと解説や答案を見て

「次から気をつけよう」で終わらせないようにしてください!

2回目の提出もできるので、出来なかった問題などは

すこし間を空けて再チャレンジするのも良いですね!

 

演習していく中で第一志望校の出題傾向に似た大学を覚えておいて

第一志望校の問題を一通り解いたときに使っていました。

自分の第一志望の電気通信大学の数学と

名古屋工業大学の問題がよく似ていて、5年分くらい解いた覚えがあります。

 

今日のブログはここまで!次回もお楽しみに~