受験当日のあれこれ(早稲田大学1年 渡邉幸) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 23日 受験当日のあれこれ(早稲田大学1年 渡邉幸)

こんにちは、渡邉です。

大分遅くなりましたが、2023年になりましたね。

個人としては、「20歳」になる節目の年でもあるので楽しみです。

 

さて、今回のテーマは、

「受験当日のこと」

です。

 

受験当日は、予測できないことだらけ、不安と緊張で一杯一杯になり、試験とは関係ないことに、意識がいきがちです。

朝ごはん、これしか食べてないけど大丈夫かな。

乗り換え、これであってるかな。

今日は、どのくらい寒いのかな。 など。

 

僕ももちろんそうでした。

だから、変なことに意識がいかないように、受験当日の決まり事を作っていました。

参考になるかわかりませんが、去年の僕の受験当日の決まり事をいくつか紹介しようと思います。

 

○服装

「いやいや、服装なんてなんでもいいっしょ!」って思いますよね。

でも、服装ってかなり大事です。

1月2月、外は寒い。

けど、受験会場に入ってみたら、なんか思ったより暖かい、いやむしろ暑いことはよくありますし、当たり前ですが日によって、会場によって受験当日の状況は異なります。

今回は制服、次回は私服などと、その日の気分で決めるのはおすすめできません。

どんな状況になっても対応できるように、毎回決まった服装で行くのが良いと思います。

それが制服でも私服でも。

 

○間食

受験生の皆さんは、共通テストで体験したと思いますが、受験当日は教科ごとの空き時間が長いです。

集中を切らしたくないけど、少しリラックスしたい。

そんな時の間食タイムです。この時間が意外と大切。

僕の鉄板おやつは、Ghanaのチョコとピュレグミでした。チョコの甘さとピュレグミの酸っぱさのコンボが絶妙でした

皆さんもふと息をつける間食タイムを設けてみては。

 

○音楽

音楽は、リラックスする時はもちろん、気持ちを高める時にも有効な手段です。

僕の受験当日のプレイリストは、駅から会場までは、miletさんの「Flare」「Grab the air」の2曲に「頑張るぞ!」って背中を押されて、

会場に入ったらStray Kidsさんの「MIROH」でテンションぶち上げて受験教室に入っていました。

皆さんにも、一人一人、心を支える曲があるのではないでしょうか。

参考書を直前の1秒までみたい気持ちは分かりますが、歩いてる時くらい、音楽に背中を押されてみては。

音楽は、いつも私たちの味方です。

 

まとめてみると、結局大事なことは、いかに意識せずに「いつも通り」に自分を動かせるか、だと思います。

 

いよいよ、受験本番ですね!

受験初日から最終日まで、本当にあっという間です。

1日が本当に24時間あるかを疑うくらい。

受験生の皆さんには、1日1日をではなく、1時間1時間を、大切に使ってほしいです。

 

人はね、限界だと思ってからもうちょっといける ってよ。

 

それでは、またいつか。