外部会場模試の思い出~橋本~ | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2014年 6月 11日 外部会場模試の思い出~橋本~

こんにちは!
今日は雨だけど、自称晴れ女の橋本です!

 
6/22の模試まで、あと  11です
スタッフ一同、応援してます!
 
 
 
 
さてさて外部会場の思い出、ということですが
(2年前のことかー..年取ったなぁ..)
 
昨日の鈴木担任助手と同じく、慶応大学での外部模試のことを書いて行こうと思います。
 

たしか、10月のセンター模試でした。
座席が指定されておらず、自由席でした。
隣には、もちろん知らない受験生。

 
緊張の中、試験が始まりました。
 
その隣の人の、鼻をすする音がうるさかっただとかは
正直どうでもいいんです。笑
 
問題は、試験後の休み時間でした。
 
休み時間になる度に、その人の友達4人くらいが集まり、
答え合わせを始めるんです
 
 
 
「問6は④だよね??」
 
「え〜俺迷って、結局①にしちゃったよ」
 
「いやだってこれは××が**だから②じゃない?」
 
「そしたら問7も同じ間違えした〜」
 
「これ英語180は超えたわ!」
 
 
  👿
 
みなさんにはこんな経験ありませんか?

聞きたくなくても、こんな会話が聞こえてきたらつい耳を傾けてしまいそう…

 
または、この会話をする側になってしまったこと、ありませんか?
 
 
断言します。
休み時間中のこの手のやりとり、そしてそれを聞くこと、

ただの時間の無駄です!

 
終わったことを忘れろとは言っているのではありません。
だって、復習はしなきゃでしょ?
忘れたら困ります(笑)
 

しかし!
 
 
試験が続いている限りは、
終わったことは気にしない!
これからのこと、次の科目に意識を向けましょう!
 
 
なぜその方がいいのかは
ぜひ、考えてみてください^^*
 

橋本