外部会場での思い出 ~叶編~ | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2014年 6月 13日 外部会場での思い出 ~叶編~

こんにちは、叶です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はせっかく連日の雨から開放されて、快晴かと思いきや、突然の雨(苦笑)

 

 

やっぱりまだジメジメする梅雨WEEKですが、ブログを見て心機一転し、

やる気を出してくれることを願ってます!

 

 

今週のテーマは、外部会場での思い出!!

 

 

私の思い出は、去年の全国統一高校生テストですね。

 

忘れもしない、ハプニングの連続に見舞われた模試です(汗)

 

自他共に認める方向音痴の私は、当日もやっぱり、迷子になりました・・・ 予想外だったのが、まさか五分先の交番に行くまでで迷ったことです。幸い、親が迷子になる想定で、いざというとき用のタクシー代を渡してくれて、自分も迷子になったときのために大分余裕を持って到着したので、タクシーで会場まで行きました。タクシーの運転手様様ですね。 

ここまでは想定内で備えもあったので、会場についても落ち着いていました。

 

悲劇は次に起こった・・


席に着いた私は、いったん周りを見渡すと、もし初心者の高校一年生がちらほら。みんな机に時計が置いてなかったのを見て、私は”勝った!”と、非とりで勝手に気分を上げていました。

 

模試もそうですが、本番の試験でも、教室に時計はおいてありません!! これはあたりまえなので、模試では必ず時計を持った着てください。

 

さて、私の悲劇は、そんな初心者たちに大人気なく勝ち誇り、時計を取り出したところでおきました。

 

時計の時刻8:15 それは私が迷子になっていたときの時刻でした。

 

もうお分かりでしょう、時計が止まっていたのです。しかも予備無し。 

 

得意の英語と、時間が余る社会に科目はともかく、鬼門は国語、そして数学。 この二つを時計なしで取り組むなんて、

自殺行為も同然。 幸い先に終わる友達にその場でかりて、数学だけ何とかなりましたが、国語は完全に、カンでした。

 

今回私がこの経験から、皆さんに伝えたいことは二つ。

 

会場までの道のりを、事前にきっちり把握して、出来れば実際に一度いってみましょう。

 

試験会場に時計はありません。時計は必ず持ってきて、万が一の場合にも備えて予備にもう一つ持ってきましょう。

 

模試だからこそよかったものの、本番でこんなハプニングにあったら、試験の集中力は大幅に削られてしまいます。

万一に備える心がけをわすれないでください。

 

残り、9日です

 

がんばっていきましょう!