合格体験記No.6 | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2014年 3月 11日 合格体験記No.6

こんにちは!生徒の合格体験記を書くのは2回目の北野です(*^^*)

昨日の東大・一橋・京大の結果発表が終わり、国立前期の結果がようやく出揃いました。

後期に向けて勉強している生徒もいます。最後の最後まで諦めずに頑張ってほしいです。

 

校舎の祝合格の掲示もだいぶ賑やかになってきました。

嬉しいことですね(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

今日は見事、東京外国語大学に合格したS・Kさんの合格体験記を見てみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

いい笑顔!笑

高校2年生の3月に東進へ入学。

東進の魅力について話してくれました。

「ほかの予備校と違って自分のペースで好きなときに取り組めた点が魅力的でした。

得意科目は誰よりも早く進められれば、苦手科目はじっくり自分のペースで進めていけました。

効率よく成績を伸ばすことができたと思います。」

嬉しいですね。東進の映像授業を上手く活用してくれたと思います。

 

そんなS・Kさんの担任助手との思い出は?

中川さんです!受験生としての担任をしてくれた方ですが、一つ一つのアドバイスが大切なもので、特に特別なものとして決められません。

それらのアドバイスは、もしや試験の前日、結果を知った日にたびたび思い出されては、励まされました。」

支えてくれる担任助手がいたことは、生徒にとってとても大切なことですよね。

 

刺激し合えるいわゆる”ライバル”はいたのかな?

「はい!ライバルとして競い合ったことはありませんが、常に意識していた存在ではあります。

その子とは同じ学校、学部と学科を志望していた上に、学力も類似していたので、遅れをとらないように意識して勉強に打ち込んでいました。

その子のおかげで勉強が極端に怠るようなことはなかったですし、こつこつとやっていけました。」

生徒同士でも高め合うって素敵ですよね。S・Kさんが意識していたその子も東京外国語大学に合格しました!!

春から同じ大学に2人が通うと思うと、こちらまで嬉しくなりますね(*^^*)

 

最後に、保護者から言われて嬉しかった言葉は?

『得意の国語が本番のセンターで失敗して、案の定センターリサーチでD判定をもらったときに

父親に「センターでA判定が取れたからといって、二次試験でもA判定の成績が取れるわけではない。

センターで成功した人は二次試験で失敗しないように、センターで失敗した人は二次試験で挽回しようとそれぞれ課題は違えど、不安や焦燥感に

駆られるのは同じ、二次試験でのスタートラインは結局みんな一緒なんだ」といわれたことで、気が楽になり、一身に勉強に取り組める

ようになりました。あの言葉には本当に救われました。』

保護者からも同じ受験生からも担任助手からも支えられて、一生懸命自分の夢に向かって勉強して、合格を勝ち取ったS・Kさん!

本当に合格おめでとう!!