合格体験記 No.1 | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2014年 3月 3日 合格体験記 No.1

こんにちは!

合格体験記栄えある第一弾を書かせてもらう、北野です♪

今日は、受験を終えたばかりの先輩の声を聞いちゃいましょう(≧▽≦)!

 

私が今日紹介するのは、高2の9月に東進に入学したM・Kさんです☆

この生徒は、私から見てもとても変わったと思います。本人も、受験を通して成長できたと話していました。

では、その先輩の合格体験記を見てみましょう。

 

Q.東進のおすすめコンテンツは?

A.①高速基礎マスター講座

  最初はゲームのような感覚で楽しむことができ、知らず知らずのうちに覚えていくのでとてもお勧めです。私は、単語帳を一人でどうし  ても進めることができなかったのですが、担任助手の先生とどこまでやるかを決め、あきらめることなく進めることができました。また、一回では終わらず四日後にもう一度テストを受けて完全習得となるので、やりっぱなしになることがなかったのもよかったと思います。

  ②講座修了判定テスト

受講を勧めていくとどうしてもわかったつもりや、最初のほうを忘れてしまうということが起きてしまいがちですが、講座判定修了テストのおかげで受講終了後にもう一度しっかり復習し、講座の内容を理解することができました。また、テストでは応用問題なども出るので、学んだことを自分のものにすることができたと思います。 

    ③東進模試

二ヶ月に一度というかなりの頻度であるので、それに向けて勉強するという目標が持てモチベーションアップにつながったからです。それだけでなく絶対評価なので、自分が合格までに後何点必要かということがハッキリわかるので、次の勉強につなげやすかったです。解説授業も充実していて、復習する習慣が自然とついていったと思います。

 

Q.東進の担任の指導や面談で思い出に残っていることは?

A.担当の梶原さんです。

 私はどうしても最初は勉強をする気が起きず怠けがちでしたが、沢山相談をして勉強面だけでなく、精神面を支えてくださったので夏休みを気に意識を変えることができたと思います。志望校の相談など親身になって考えてくださるので、とても感謝しています。

 

 

    

       

      M・Kさんの担当をしていた梶原です! 

 

 

 

 

 

 

 

Q.保護者の方にかけられて嬉しかった言葉は何ですか?

A.模試の結果が悪くても、「模試何だから」「本番の分の運を使わなくてよかった」などと励ましてくれたことはとてもうれしかったです。本番も「楽しんできてね」など、プレッシャーのかかるような言葉を言われなかったので、のびのびと試験を受けることができました。

 

~後輩へのアドバイス~

あきらめなければ、結果は絶対についてくると思います。

結果が出る時期はわかりませんが模試の結果などに一喜一憂せず勉強に取り組んでいれば、いつかきっと報われると思います。

絶対にあきらめないでください。 

 

読んでいて、とてもいい体験記だなと思いました。

本気で受験勉強をしたからこそ、この合格体験記を書けるのだと感じました。

周りの人に支えられ、くじけそうになりながらも、受験を通してたくさんのことを学べたのではないでしょうか。

春から大学生です。この受験生活を生かして、将来の夢に向かって頑張れる素敵な大学生になってほしいですね。

 

前もこの写真使ったかもしれませんが、M・Kさんにはぴったりな言葉だと思ったので使いました♪

努力は決して裏切らない

いい言葉ですね。

 

次に紹介する先輩は誰でしょう♪ お楽しみに~(。・ω・。)♪