8月模試の思い出 ~叶編~ | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2014年 8月 22日 8月模試の思い出 ~叶編~

こんにちは、担任助手の叶です!!久々のブログです(笑)

 

さてさて、今週のテーマは8月模試の思い出ですが、私が印象に残っているのは、模試後の採点です。

 

今でも、模試の時、手がプルプル震えていたのを覚えています。

私は国立志望でしたが、国立はセンターを通らないと2次試験にすら行けないというのに、9月からは過去問をこなす日々で、

センターに触れられる時間はほぼ皆無です。

 

それはつまり!!

8月までに基礎をある程度仕上げないと、本番の一ヶ月前からセンター復習をしても、絶好調の得点には戻しにくいということです!

 

それを8月の模試で確かめるというのですから、採点の時手が震えないわけないのです。

 

気になる結果はというと・・・

 

幸いにも、歴史科目以外は、ほぼ八割には届きました!!

ただし、地歴の第二科目の倫理はともかく、2次試験でも使用する世界史は6割でした・・・

これは過去問をやるにしても非常にまずいことで、おかげで私は毎朝睡眠時間を削って、世界史を復習することになりました。

 

 

みなさんには、そんなことになって欲しくはありません。

来年以降に受験生を迎える方は8月で基礎を八割完成させることを、ぜひ覚えていて下さい!!

 

最後に、模試を受けることになる受験生に伝えたいのは、

 

模試日でああだこうだ悩まず、全力を出しきることに集中すること!!

 

泣いても笑っても本番です、本番では開き直って、全力を出すことが大事です。

全力を出せば、正確な結果を得て反省を活かせる、良い点数なら完璧な自信がつきます!

 

 

だからこそ、模試では全力を出すことに集中しましょう!!

 

皆さんの健闘を祈ります!!