12月の勉強(早稲田大学社会科学部1年 原田 弥幸) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 12月 3日 12月の勉強(早稲田大学社会科学部1年 原田 弥幸)

皆さんこんにちは!

 

もうすぐ従兄弟が生まれる原田です。

新しく従兄弟が出来るのは久しぶりなので楽しみです。その家は二人兄弟で、生まれてくる三人目も男の子なので、たくさん遊んでもらいたいです。

 

そういえば、ついに自動車免許を取得することが出来ました!

いやぁ、長い道のりでした。やっと車を運転できるということでわくわくしていますが、うちには車がないので残念です。

MT車はレンタカーも少ないので、運転の機会があるかどうかわからないのですがなるべく経験地を上げて生きたいです。

 

もうすっかり冬の寒さになってきましたが、体調を崩したりしていませんか?しっかりご飯を食べて、寝られるときは睡眠時間をとりましょう。睡眠不足は質のよい勉強の妨げになります。というのを言い訳にして自分はいつまでも布団から出ませんでした(笑)

 

そんな今日この頃ですが、共通テスト本番まで残り50日をきりました。受験生の皆さん、いよいよだと緊張し始めているでしょう。

 

この時期、共通テストが迫っていて、共通テストの勉強をするべきか、二次・私大の過去問などをやるべきか迷っている生徒も居ることと思います。

 

ここで、一つの指標として欲しいのが10月の全国統一高校生テストです。10月にも、「今回の模試は、自分のレベルを測る大事な模試なんだ。今回の成績を受験校決定の基準にするんだよ」といろいろな担任助手が言っていたと思いますが、その通りです。10月にしっかり成績を残せた人は、心置きなく二次・私大の勉強に取り組んでください。

 

一方で、思うような成績が出なかった生徒は、12月の模試で結果を出し切る為に共通テストの勉強を平行して行うことと、共通テスト前に少し早めに共通テスト対策に切り替えるようにしましょう。

 

また、勉強とともに、自分が受ける大学の出願期間がいつからで、受験料がいくらかかる、というようなことも事前に調べスケジューリングしておきましょう。

せっかく努力しても、受験できなければ水の泡です。しかも、おそろしいことに毎年そのようなもったいない失敗をする生徒が一定数居るようなのです。

 

ぜひ、勉強以外のことも、「受験」全体としてとらえ、見落としのないようにやっていきましょう!