高速は得点の基礎(東京工業大学工学院1年 江川俊) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 11日 高速は得点の基礎(東京工業大学工学院1年 江川俊)

 

こんにちは。江川です。

大学初めての期末試験が終わりました。

単位にを得られるか否かに怯える経験は初めてです。

反省点もいくつかあるので直していきたいです。

 

 

今回のテーマは「高速の重要性」です。

皆さん、継続的に高速基礎マスターに触り続けているでしょうか?

 

私は受験生時代、あまり高速に力を入れられてはいませんでした。

受講などほかの勉強の緊急度合が高かったのもありますが、大体の理由は面倒だと思ってしまったことです。

これはある悲劇につながります。

早慶不合格です。

過去問を解いたことがある人なら分かると思いますが、

早慶の入試の英語試験では高度な英単語知識が要求されます。

英単語からっきしの私はそれを前に為す術がありませんでした。

見知ったアルファベットで構成される意味の分からない単語の羅列に

よってできた文章を読んで、

これまた意味の分からない問題文から

題意を汲んで問題を解くなんて悪夢は二度と経験したくはありません。

皆さんも同じ思いのはずです。

 

早慶に限らず、英単語は重要です。

当たり前ですが、単語の意味が分からないと読みたくても読めません。

英単語は基礎中の基礎です。

受験生になると発展問題や過去問とその復習に時間が取られ、

基礎を固めるじかんを確保するのは難しい上、

受験生になってからでは遅すぎます。

 

受験生になったとき、苦しむことなく英語の問題文を読むには、

高1・2生のうちからの高速による英単語固めが肝要です。

読める英単語の数だけ、得点は上がります。

読めない苦しみを味わいたくないなら、

受験生になっても基礎にとらわれたくないなら、

今すぐ高速をやるが吉!

今回は以上です。それではまた次回!