記述模試でのポイント(東京理科大学薬学部生命創薬科学科1年 清船大雅) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 12日 記述模試でのポイント(東京理科大学薬学部生命創薬科学科1年 清船大雅)

皆さんこんにちは!

最近家は東京なのにも関わらず千葉にいる方が多い気がします。大学遠い…

基本千葉の緑豊かな野田キャンパスにいるせいか、東京タワーに行ったり六本木でご飯を食べたりと観光客みたいな遊びをしています。

 

前置きはこのぐらいにして、今日のテーマは

「記述模試でのポイント」です!

皆さんは記述が必要な問題にどんなイメージをいだきますか?

いちいち全部書かないといけないからめんどくさいと思う人もいれば答えがあってなくても部分点がもらえるからうれしいと思う人もいると思います。

それこそが記述模試の良さでもあり、難しさでもあります。

受験本番までに記述に慣れて、記述の良さを最大限生かせるような答案をつくれるように頑張りましょう!

 

記述は練習を重ねることが重要なので今回はいくつかポイントを書こうと思います!

①時間の使い方

記述を書いていたら最後の問題まで手が回らないこともあると思います。最初に全部の問題に軽く目を通しておくことが重要です!(1)は解けるから先に解いておくなどといった工夫をすることで時間があれば解けたという問題を減らしていくことが重要です!

 

②記述内容

各記述問題では書くべき重要ワードがいくつかあることが多いです。解くときに意識することも重要ですが、復習の時にも注目してみてください!

 

ポイントとか色々あって大変だと思ったかもしれませんが、初めのうちは

自分の考えをとにかく書いてみる

ということが重要です。

書いてみないと何も始まらないので、白紙はやめてどんなことでも書いてみることが重要だと思います!

 

今日はこれでおしまいです。次回もお楽しみ!