模試の後やっていた勉強(日本女子大学人間社会学部1年 戸張 桜子) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 3月 4日 模試の後やっていた勉強(日本女子大学人間社会学部1年 戸張 桜子)

こんにちは!

担任助手1年の戸張です!

最近風が強いですね、、

花粉の季節になってしまって、目が痒くて仕方ありません、、、

 

さて、今回のテーマは模試の後やっていた勉強についてです!

皆さんは模試を受けっぱなしにしてしまってはいませんか??

 

正直私は低学年の時、受けっぱなしにしてしまっていました。

復習をしなきゃと思いつつ、何から手をつけたらいいのか分からない、、、

結局1~2週間あっという間に過ぎてしまって、復習をしようとすると思い出す作業から始まってしまうし、、、と毎回言い訳ばかりしていました。

模試の復習なんてしてもしなくてもと思っていました。

 

しかし、模試の復習をしなくていいなんてことは全くありません!!!!!

模試を活用すれば、効率よく勉強することが可能なのです。

 

まず、模試の結果からは各教科における自分の苦手範囲を見つけることができます

できると自分では思っていたとしても、模試で得点を取れないのならば、それは完成していないということです。

普段自分では気づくことの出来なかったことに気づくことが出来ます。

 

また、問題を解く時間にも意識を向けることが重要です。

英語が解き終わらないのなら、読む量を増やしてみるなど次の模試の為の勉強を考えることが出来ます。

 

模試を絶対に受けて終わりにしてしまってはいけません。

せっかく時間をかけて解いた模試です。この結果を必ず活かしましょう!

 

東進では新年度招待講習もやっっているので、ぜひこの機会に苦手を克服できるようチャレンジしてみてください!