環境変更と習慣化の手段としての登校 (東京工業大学 工学院1年 江川俊) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 25日 環境変更と習慣化の手段としての登校 (東京工業大学 工学院1年 江川俊)

こんにちは!江川です。

最近、部活の活動が活発になりつつあります。

新しいことに挑戦するのは楽しいですね。

 

今回のブログのテーマは「東進に来ることの重要性」です。

このテーマは私が合格体験記でも書いたことです。

再度ここで述べさせて頂きましょう。

 

重要なのは、

「東進に来る」ということです。

 

なぜ東進に来ることが重要なのか。理由を2つ説明します。

 

第一に、東進に来ることが環境を変えることになるからです。

人は環境に従属する性質を持ちます。

環境次第で人は善人にも悪人にも、勤勉にも怠惰にもなりえるのです。

そうであるならば、この性質を鑑みて

環境を変えることに注力してみてはどうでしょうか。

「勉強をする」はハードルが高いですが、

「東進に行く」(又は「図書館に行く」) ならば軽く達成できそうではないですか?

東進に行くことにより、

誘惑の多いであろう自宅を離れ、周りに勉強している人がいる空間に身を置くことになる。

これが第一の理由です。

 

第二に、受験生になったときに苦労しないからです。

皆さんは、歯磨きをすることを億劫に感じますか?

私は小さい頃は面倒くさかった記憶がありますが、今は無意識に行えています。

これは歯磨きが習慣化されているため、面倒くさいと思わないのです。

受験生になったときに、自らに精神的な苦労をさせない手段として、

今東進に行くことが有効です。

習慣化することにより、東進に行くことに心の余裕を割かずに済みます。

これが第二の理由です。

 

結論は東進に来ることに良いことがあるので来ようということです。

環境を変えることに注力する。習慣化を目指す。

この2つを念頭に東進に来て勉強を頑張りましょう!

それではまた次回!

 

【参考文献】 「のうだま」 上大岡トメ、池谷裕二