東進に入った時期ときっかけ(東京理科大学経営学部1年 高須 桃寧) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 2月 9日 東進に入った時期ときっかけ(東京理科大学経営学部1年 高須 桃寧)

こんにちは!担任助手1年目の高須桃寧です。

 

今回のブログから、新しくバナーが追加されましたー!

どうですかね。いつもより親しみやすさが出ていたらいいなー!

 

さてさて、今日のブログのテーマは、「東進に入った時期ときっかけ」です。

私たち担任助手は、みんな東進ハイスクール都立大学駅前校に通っていたのですが、みんな入学した時期、きっかけはバラバラです!

 

自分と重なる担任助手を見つけて参考にしてみてください!

 

 

私高須は、高校二年生の夏に東進に入学しました。

なぜ入ったかと言いますと、、、あと半年でセンター同日体験受験があるというのに、真剣に実施していたことと言えば、部活だけ、受験のための勉強全くやってない!ヤバい!と思ったからです。

 

 

高校一年生の夏から、高校二年生の夏まで、カナダに留学していました。

カナダに留学中、数学や国語の学力は上がらないということは理解していたので、留学に行く前に帰国後に入る予備校を探さないといけない、そうだ!学校の友達が通っていた東進に行ってみよう!と思い、招待講習に申し込みました

 

招待講習では、苦手科目を中心に勉強し、そこで、映像授業が自分に合うこと都立大の担任助手が親身になってくれたことが印象に残っていたので、留学から帰ってきたらこの塾に入ろう!と決断しました。

 

入ってからは、憧れの林先生の授業が受けられたり自分の学力を全国規模で把握することが出来たので、勉強へのモチベーションが上がり最後まで大学受験を都立大学駅前校で頑張ることが出来ました!

 

皆さん大学受験を成功させるためには、自分に合った予備校を選ぶことが大切です!

都立大学駅前校で受験を頑張りたい!と思ってくれた方は是非これから一緒に頑張りましょう!全力でサポートしていきます!

 

では、明日のブログもお楽しみに!

 

今週の一曲

IZ4648「必然性」

 

高須