文化祭命!(東京工業大学2年 児玉優樹) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 16日 文化祭命!(東京工業大学2年 児玉優樹)

こんにちは、児玉です。
ブログのタイトルを見て「あれ、見るブログ間違えたかな」と思った人、
間違えていないので安心してください。今日のテーマは
高2の時の夏休みの過ごし方
です。
知っている人もいるかもしれませんが、
ぼくは高2のとき、文化祭実行委員会の幹部をやっていました。
まあ、命かけてるほどだったかと言われると、、、疑問符がつきますが、
文化祭準備日から当日にかけて3日間連続で始発電車で学校に行ったくらいには頑張っていました。
部活もあったので、そこそこ忙しい方ではあったと思います。
その中で、勉強面で意識していたことについて2点書こうと思います。

1. 生活習慣を崩さない
勉強面と言っておきながらさっそく生活面のことを書いてしまいました、、、
いろいろなところで言っているのですが、
やっぱり生活習慣はとても大切です。
朝起きる時間、夜寝る時間は特に、可能な限り普段と同じくらいにした方がいいと思います。
「習慣」というのはとても強力なものです。
自分も大学生になって朝起きるのが遅くなってからは、
人間には不可能なんじゃないかと思ってしまうくらい朝6時に起きることが辛いですが、
高校生の時は目覚ましがなくても平然と6時に起きていたので不思議なものです。
夏休みは忙しいとは言っても間違いなく自由時間も増えます。
なぜ勉強できないのかと考えてみたら、朝寝る時間が遅かったりしてその自由時間が削られていることに起因していることも多いのではないですか?(自由時間に寝ているんですという反論は一旦飲み込んでください)

2. 常に勉強道具を持ち歩く
あたりまえではありますが、勉強道具がなければ勉強はできません。
もちろん家に帰れば勉強道具はあるのですが、
例えば別の用事で出かけた後に、一旦家に帰ってから東進に向かうのってめちゃめちゃエネルギーが必要だと思います。少なくとも自分の場合はそうでした。
加えて、常に勉強道具を持ち歩いていれば、嫌でも勉強を意識すると思います。
まだ受験生ではないとは言え、勉強しなければいけないことは誰しもがわかっていると思います。半ば強制的に勉強に意識を向けることも、後から振り返れば効果的だったなと思います。
ということで、今日のブログは以上です。次回のブログもお楽しみに!!