担任助手になったきっかけ~橋本編~ | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2014年 9月 4日 担任助手になったきっかけ~橋本編~

こんにちは!橋本です。

今週、校舎ではあのイベントが戻ってきます!

数学特訓会!

8月に実施された、センター試験本番レベル模試のみなさんの結果をもとに、

理系担任助手たちが会のプログラムを練り直しました!

今回の範囲は・・・「データの解析(分析)」

😐 「受験科目で使わないけど、この範囲ややこしいから学校の勉強ついていけないんだよな~」

なんて生徒さんも参加可能です!

高1~高3まで、多くの参加をお待ちしています^^

——-

数学特訓会

日時:9月6日(土) 21:00~ @自習室

内容:理系の担任助手と一緒に勉強して、数学の得意分野を増やそう!

範囲:「データの解析(分析)」

———

 

さてさて、本題にうつりたいと思います。

私は実は、高3の7月辺りから担任助手になりたい!と思っていました。

何故かと言うと、最初の理由は単純で「担任助手の方々が大好きだったから」でした。

模試の結果で落ち込んだときは、あたたかい言葉で励ましてくれ、

嬉しい事があった時は一緒に喜んでくれる。

 

最初は違和感すらありました。

赤の他人の私に向かってなんでこんなにニコニコしてくれるんだろう、とか。笑

尖ってんな~高校時代の私(笑)

 

そして好きなのと同時に、憧れてもいました。

留学に行ったり、ボランティアに行ったり、TOIECの勉強にはげんだり・・・

自分の可能性を広げるために色んな努力をしている担任助手の方々は、とてもキラキラしていました。

大学生活って自分で充実したものに創っていくんだな~

ということに気づけたのも、担任助手の方のお話を聞いていたからですね。

 

第一志望不合格という受験結果を受けて、自分は本当に担任助手を志望してよいのか?

と思ったこともありました。

でも明るい性格だけには強い自信があったので、

勉強や合格実績でかっこいい見本にはなれないかもしれないけど、自分の強みが誰かの支えになるかもしれない!

と考えました。

 

かっこいい担任助手の先輩たちへの憧れ、

こんな自分でも後輩の役に立ちたい、

そして、指導をしてくださった2012年度の担任助手のみなさんに恩返しがしたい、

大きくその3つが、担任助手になった理由でした。

 

担任助手になって1年半。

みんなの受験生活が悔いのないものになるよう、私も出来る限りのサポートをします!

悩み事や不安なことがあれば、いつでも相談してくださいね^^*