大学生活について(慶應義塾大学理工学部機械工学科2年 羽根田一輝) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 31日 大学生活について(慶應義塾大学理工学部機械工学科2年 羽根田一輝)

こんにちは!羽根田です。

昨日まで剣道部の4泊5日の合宿で群馬県に行っていました。合宿の前日も部活があり、実質6日連続で稽古をしたので、わりと満身創痍状態です(笑)

なぜか初日の夜に花火をやり、これから剣道地獄が続くことを考えてたら本心から楽しめなかった気もするのですが、終わってみるとあっという間で楽しかったしすごい充実したと思います。

また、近くに「川場田園プラザ」というかなり有名らしい道の駅があり、そこのプリンがすごく美味しかったです。

 

さて、今日のテーマは「大学生活」です。大学生らしい生活を送っていないなあと思いつつ書いていきたいと思います。

大学生活で一番忙しいのは、理系あるあるだとは思うのですが、実験レポートです。週1で行うので、1回でも溜め込むとえぐいことになります。というか、なりました。大学の実験レポートは高校のときと次元が違うので覚悟してください。wordで15枚は全然超えます。

大学生活で居場所を感じるのは、(居場所を感じるとか言ってる時点でやばいのですが、、)やはり部活です。大学での友人はほぼここにいる感じです。これが大学で居場所を感じるのがここな理由です(笑)この部活は本当に雰囲気がよく、同期も25人と多くにぎやかのなので本当に楽しいです!部活とはいえ、リコタイといってがちがちの部活でもないので、厳し過ぎないのも特徴です。

また、なぜか陶芸サークルにも所属しているのですが、まったく行けてないのでこの話はなしです。

今日のブログは以上です。次回もお楽しみに!