受験生へ送る 夏休みの学習計画の重要性 (中央大学経済学部2年 西居 陸) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 7月 27日 受験生へ送る 夏休みの学習計画の重要性 (中央大学経済学部2年 西居 陸)

こんにちは、西居です。

梅雨明けから関東は急に暑くなりましたね、

なんてことを色々な媒体で聞くこの頃、

いかがお過ごしでしょうか。

暑いのはもう勘弁なので早く冬になってほしいものです。

 

さて、今回のブログテーマは

「受験生へ送る 夏休みの学習計画の重要性」

です。

 

夏休みに入り、一日中勉強している

受験生の皆さんがほとんどだと思います。

しかし、毎日の学習時間を上手く使えていますか?
一日の勉強時間は長く取ることが出来ますが、

「あれ、もう閉館時間か、」なんてことよくあります。

 

そんなことにならないよう、いくつかのポイントを紹介します。

参考になる所は是非取り入れてみてください。

 

①暗記系科目に時間をかけない

これは社会や古文漢文などの学習の際にありがちなことです。

日本史の暗記だけに2時間連続で使う、

古文単語を覚えるのに1時間使う、等々・・・。

これは正しい時間の使い方とは言えません。

1時間使うにしても、15分を4分割して使うようにしてください。

暗記系科目は短い時間で少ない範囲を確実に覚える。

これを徹底して、過去問演習に時間を思う存分使ってください

 

②計画は愚直に守る

事前に立てた計画は、必ず守りましょう。

ありがちなのは、計算演習に1時間使う予定を立てていたとすると、

キリが悪いからあと10分、あと10分・・・と

どんどん計画が後ろ倒しになっていきます。

計画を立てる際は余裕を持って立てるようにしましょう。

 

以上の2点、意識するだけで結果は変わると思います。

引き続き頑張ってください。