受験本番の話(上智大学文学部1年 小林航大) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 11月 29日 受験本番の話(上智大学文学部1年 小林航大)

昨日、今日と受験校決定生徒説明会がありましたね。

みなさんも受験がより差し迫ったリアルなものに感じれたと思います。

今回は私の受験での体験やそこから得られた経験についてお話したいと思います。

 

センター前日

不安を取り除く為に会場の下見をした。前日は好きなものを食べようと思い超こってりラーメンを食べた。

センター当日

昨日のこってりラーメンのせいでおなかが痛かった。

食べ物には気を使えばよかった

試験会場は同じ学校の人がまとめられていたので騒がしかった。(特に廊下)

なるべく騒がしい集団は無視して教室にいるようにした

休み時間中は単語や世界史のチェック、食事に割いた。また、必要ならば仮眠をとった。

仮眠をとるとリフレッシュできるのでオススメ。周りの目を気にせず仮眠を取っていた。

自分のペースを大事にしていた。

試験期間通して受験本番ではよけいな不安を生まないために自分のペースを崩さないことを意識していた。

 

大学受験本番

明治学院大学が一発目だった。本命でもなんでもなかったがめちゃくちゃ緊張した。

ここで緊張しきったおかげで次の上智は緊張しなかった。

第一志望上智本番

朝、乗り換えを間違て遅刻した。電車の中で親へなんて誤るかなどずっと考えていた。

受験生活は無駄になったと悲観していたが試験開始にはぎりぎり間に合った。

試験教室に剣道部の友達がいて暖かく接してくれたので精神的に助かった。

彼のおかげで試験自体は緊張せずうまくいった。

上智終わって

史学科が終わった瞬間にぷつんと勉強へのモチベが切れた。

まだ受験が終わっていないのに勉強から逃げるようになっていた。

照田担任助手から電話がくるまで校舎にすらいかなかった

早稲田受験

直前期の数日を逃げて無駄にしたため結果は不合格だった

そもそも対策をしていなかったのも大きな原因だ。

 

受験全般を通して朝時間はだらだらしていたし、東進以外では勉強していなかった。

こういった部分から勉強時間を捻出していれば早稲田にも合格できたかもしれない。

 

私の経験が皆さんの参考になれば幸いです。

後悔のない受験にしてください