受験本番の装備(東京大学一年 理一 依田知也) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 17日 受験本番の装備(東京大学一年 理一 依田知也)

こんにちは!依田です。

最近あった悪いことは、教習所の第二段階の効果測定で

二回落ちてしまったことです 100点満点の90点で合格なのですが

一回目が89点で二回目が88点三回目にしてようやく90点のごり押しで合格しました

三回目もほぼ不合格のような点数ですが合格は合格なので

こんな時期に縁起の悪い話をしてしまいましたが

今回のテーマは「受験当日の装備」についてです

ここで言う装備というのは持ち物などはもちろん

精神的なものも含みます

とはいえ、受験当日の気持ちとか気を付けていたことなど

鮮明に覚えているわけではないし細かいことを書いていたら

きりがないので特に重要だと思うことを書いていきます

まず、大事なのは受験本番で突飛なことしないということです

いつも自分がやらないようなことを

大事な試験の本番でするのは危険すぎます

こういうことをしてしまう理由としては

個人的に2つくらいあると思っています

1つは本番の緊張でどうしたらいいか分からない

2つ目は普段の勉強や演習で自分のやり方がある程度定まる

ところまで勉強していない

2つ目の場合、普段から自分のやり方で点数が取れるような

やり方でないと結局、自分のやり方に対する自信や信頼が

ないまま本番に臨むことになりやはり危ういです

結局は受験当日どうこうの話ではなく秋や今の時期に

どれだけ良い勉強ができていたかによると思います

次に持ち物について

筆記用具や受験票などは言うまでもないですが

食べ物系はゼリーとかおにぎり、エナジードリンクなどを持っていった記憶があります

エナジードリンクは蓋つきのやつで

時間のギリギリで飲んで

なるべく効力を維持させようとする

ドーピングまがいのことをしていました

しかも毎科目どの受験校でもやっていたので

周りからは相当なカフェイン中毒者だと思われていたかもしれません

それでも自分が良いと思ったら周りの迷惑にならない

限りやるべきだと思います

また、他にも自分が模試などで毎回持って行っていた

ノートやちょっとした資料なども持っていき

ギリギリまで見てました 

ここら辺もやはり自分のやり方でやっていました

自分のルーティーンはあればとても役に立つと思うので

ぜひ今からでもなにか確立できればいいと思います

では、今回のブログはこれで終了です

次回のブロブもお楽しみに!