受験期の食生活と睡眠について(慶應義塾大学商学部3年 三浦翼) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 6月 20日 受験期の食生活と睡眠について(慶應義塾大学商学部3年 三浦翼)

こんにちは。最近課題がたくさん出てきて大変な三浦です。

受験期の食生活睡眠について話したいと思います。

 

食生活についてですが、毎日4食食べていました。

意識していたのは、必ず朝食を食べるということです。

朝食を食べないと1日の活力が出ません。そうなると勉強も集中できず、効率が悪くなります。

さらに僕はお腹がへると集中できないタイプだったので、19時頃に休憩も兼ねて、軽食を食べていました。

 

次に睡眠についてです。

受験期は遅くても12時半には寝るようにしていました。なぜなら睡眠時間が足りないと、日中眠くなってしまい勉強効率が下がってしまうと考えたからです。

夜の睡眠時間を確保する分、日中は絶対に集中して勉強するようにしました。

そして、寝る直前は暗記系の勉強をやっていました。少しでも寝る前にやると覚えられると思います。

 

ここから受験生はやることがたくさんあって、睡眠時間を削ってしまう人もいるかも知れませんが、必ず睡眠時間は確保して下さい。

体調管理も受験生にとって非常に重要です。そのためにも、規則正しい食事、睡眠を心がけてください!!