共通テスト同日までになにやる?(上智大学総合人間科学部 伊藤里名) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 9日 共通テスト同日までになにやる?(上智大学総合人間科学部 伊藤里名)

こんにちは!伊藤です。皆さんお元気ですか?もう12月の中盤、テレビでは年末らしい番組が多くなりました。

私は聖歌隊に入っているのですが、今度ホテルニューオータニで歌うのでとても楽しみにしています。

 

さて、東進では皆さん新学年になりあと36日で共通テスト同日を受けるわけですが、皆さんどんな勉強をしていますか?

同日での結果はそのまま1年後にも大きくつながるという話を聞いて不安な人も多いのではないでしょうか。

今日は私が”共通テスト同日までどのような勉強をしたか”について、話していこうと思います。

 

私が高校2年生の時、私はそんなに同日に向けての勉強を意識してやっていたわけではありません。

なぜなら、当時の私は夏に日本史を取ることを決めて、日本史の勉強を詰め込むのに必死だったからです。

あまりにも遅れている自覚があったので、通過点としてしか考えていませんでした。

しかし、一つだけやっていたのは共通テストの解き方をイメージしておくということです。

12月共通テスト前、最後の模試が明後日行われるわけですが、その模試でうまくいかなかった点に注意しながら受験することを心掛けていました。

例えば、

英語が時間内に終えられなかった。

→②原因:全部の部分を丁寧に読み込み過ぎた。

→③次回からはなるべく時間を意識して解く、初めの問題はポイントだけをかいつまんで読むようにする。

と言ったように、得意な科目は解き方を意識し、それ以前に知識が足りない科目はとにかく直前まで詰め込むことに注力しました。

 

あまり気持ちだけ焦っても意味がないので、同日の当日はその時点の最高の点が取れるように、頑張りましょう。

それではまた次回の投稿もお楽しみに!