この時期にやるべきこと(杏林大学医学部1年 鈴木 瞭輔) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 11月 27日 この時期にやるべきこと(杏林大学医学部1年 鈴木 瞭輔)

皆さん、こんにちは。さすがに巨人が弱すぎて、巨人ファンの自分でさえ嫌気が差している鈴木です。

さて、今回のテーマはこの時期にやるべきことですが、大きく受験生低学年に分けてお話したいと思います。

受験生

共通テストまで2ヶ月を切り、直前に共通テストの演習をもう一度行うと考えると、2次、私大の演習が出来る時間が本当にあと1ヶ月程度しかありません。そこでいかに演習する時間を取れるかが今の時間は大切です。むやみに今までやっていなかったような演習をするのではなく、これまで自分がやってきた形を変えずに、繰り返し演習することが大切です。

今はいかに自分に時間を使えるかを考えることも大切です。できるだけ無駄な時間を抑えて勉強に励んでいくべきです。今からでも成績はいくらでも伸びます。そこを肝に銘じて、まだまだ努力し続けてください。体調だけには気をつけるようにしましょう。

低学年

低学年の皆さんは共通テスト同日模試でいかに自分の目標とする大学の点数にちかづけるかが大きな目標だと思います。そのためには、とにかくまだ完全に学び終わっていない科目の学習を一通り終わらせられるようにしてください。始めて習うところは、なかなか難しいかもしれませんが、それは皆同じです。同日で点数が取れれば、気持ち的にも楽になるところがあると思います。そのためにも自分に甘えることなく、頑張っていきましょう!

コロナがとてもはやっているので、絶対にかからないように肝に銘じて生活するようにしましょう!