おすすめの参考書(慶應義塾大学理工学部機械工学科2年 羽根田一輝) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 11日 おすすめの参考書(慶應義塾大学理工学部機械工学科2年 羽根田一輝)

こんにちは、羽根田です。無事夏休みに突入することが出来てすごい嬉しいです。

さて、本日のテーマですが「おすすめの参考書」です。まず数学について、僕が一番使っていた参考書はフォーカスゴールドです。学校で配られたので始めました。難易度の幅は広く、基本部分から抑えられるのはもちろん、正直捨て問だろというようなものまで載っています。中3からIAを始め、数学2B・数学Ⅲと高校3年の春までやり続けました。基本、定期テストの単元を試験前にやり、長期休みにもう1週したりというのを繰り返して進めていました。先生がフォーカスゴールドの問題を全部解けるようになれれば、できない数学の問題はないとよく言っていたのでそれをモチベーションにやりました。解答・解説に関しては正直分かりづらいのもあります。ただ、問題に関しては本当に網羅されているのでフォーカスゴールドをやり切れれば数学は問題ないと思います。

英語はちゃんとやっていたのは、ターゲット1800ユメジュクです。ただしっかりとやり出したのは、高3の春あたりからでかなり追い込まれてました。

物理化学に関しては、高3の夏までセミナーをやり、夏明けから学校で配布された重要問題集というものを始めました。重問は自分にとっては少しレベルが高く、2周以上するのにかなり時間がかかってしまいました。ただ、これも種々の問題が載っているのでかなり力になったと思います。

おすすめというより、自分が使っていた参考書の紹介になってしまいましたが、ぜひ参考にしてください。

次回のブログもお楽しみに!