5,6月の受験生 部活、行事との両立(明治大学政治経済学部2年 加藤景大) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 5月 21日 5,6月の受験生 部活、行事との両立(明治大学政治経済学部2年 加藤景大)

 

こんにちは。加藤です。みなさんおそらく定期試験の勉強が忙しいと思います。定期試験をないがしろにすると後々痛い目を見るので、ちゃんとやっておくことをオススメします。

さて、今日のテーマは「5、6月の受験生 部活と行事との両立」 です。

自分自身は部活の引退が高2生の11月だったということもあり、この時期は部活との両立をしていなかったのですが、昨年担当していた生徒の半数はこの時期も部活を両立していました。

彼らの中の1人は週5で部活を頑張り、部活終わりやオフの日に東進に来て、勉強していました。この時期は春の大会も被っており、勉強時間は周囲と比べてもかなり少なかったように思います。

しかし、彼は自分の短い勉強時間を周囲の人間より、効率よく使うことを掲げ、週間の予定表に朝から晩まで1時間単位でビッシリと予定表を書いていました。

週間予定表には通学中の時間の使い方に加え、学校の授業の空きコマの時間の使い方などまで記入していました。正直ここまで予定表を詳細に記入している生徒や友人は見たことが無かったので、びっくりしたのを覚えています。

全員に朝の時間や学校の空きコマの授業時間の予定まで立てたほうが良いというわけではありませんが、部活生は特に細かい時間管理をしなければならないと思います。

とにかく周囲の人間より、時間を有効に、かつ効率的に使うことを意識して、計画立てをしてみてください。受験まで250日をきりました。もう少しです。頑張りましょう。