高2の時の勉強の重要性(慶應義塾大学理工学部1年 羽根田一輝) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 5月 10日 高2の時の勉強の重要性(慶應義塾大学理工学部1年 羽根田一輝)

こんにちは。羽根田です。

今日はとても暑く、屋内にいるのに汗だくです。(うそです、少し盛りました)

皆さんはGWをどのように過ごしたでしょうか。僕は、3日と4日に授業があったし、課題もたまってたりして、休みをほぼ感じられませんでした。

 

さて、今日のテーマは高2の時の勉強の重要性です。受験が終わった身からすると、この時期の勉強は非常に重要で、受験生になった時に大きなメリットになると思います。何をすべきかと言えば、基礎作りの徹底です。高2の時だと、部活が忙しかったり、受験が遠く感じたりしてなかなかやる気がでないかもしれません。しかし、このタイミングで基礎が作れてないと、受験生になった時に大きな焦りを感じたりしてすごく苦労します。それに受験生のときに基礎作りの勉強をしていると、周りに大きな差をつけられてしまいます。講座を取っている人は予定通りにこつこつ進めるようにしましょう!学校の定期テストに向けて勉強することも良い復習になるので、頑張りましょう!

国立理系志望の人に向けた話をすれば、まずは数学です!数学に関しては、できるだけ最優先で基礎作りを完成させることをお勧めします!!苦手な人は特に頑張ってください!また、英語も単語や熟語を日頃からこつこつとやっておくようにしましょう。文系科目もおごそかにせず、最低限はやっておくといいかもです。

なにはともあれ、まずは基礎作りの徹底です!頑張りましょう!

今日はこのへんで終わりにします。明日のブログもお楽しみに!