10月の全国統一高校生テストについて(東京理科大学理学部1年吉田麻彩) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 10月 10日 10月の全国統一高校生テストについて(東京理科大学理学部1年吉田麻彩)

こんにちわ~んこ!!

最近ずっとぐーたらしすぎている吉田です。

 

さて、共通模試も残り2回となって、結果が非常に重要になってきます。しっかりと、本番を意識した模試にしましょう。

ということで、今回は、10月の全国統一高校生テストに向けて書きたいと思います。

①テストを解く

残り約15日で、まずは共通テスト形式のものを解きましょう。

何もしないで本番をのぞむことはしないで下さい。11月は主に過去問をするので、10月の模試の対策をして、共通テストの自信をつけたり、自分の解き方を見つけたりして下さい。

 

②大門別をやる

自分の苦手な範囲や解けない範囲の大門別をやりましょう。得意な分野を高めるのは大事なことですが、苦手な分野を解けるようにしたら、点数は大きく上がります。

 

③復習する

模試を受けたその日に復習をするようにこころがけましょう。私は、後回しにして、復習をしていませんでした。すぐにやるのがオススメです。ちゃんと復習をして、自分の苦手な範囲をしっかり理解し、これからの勉強につなげていきましょう。

 

昔学校の先生が言っていたのですが、夏休みの勉強の成果は、大体10月ぐらいに出てくるらしいです。夏休み、必死に勉強してきた人がほとんどだと思います。人それぞれ、結果が出てくる時期は違うので、焦りすぎず、しっかりと勉強をして、自分を信じて下さい。やったと自信を持って言えるだけの勉強をして、10月の共通テストを迎えましょう。

 

ではでは、引き続き頑張って下さい!!!!