10月の全国統一高校生テストに向けて(日本女子大学人間社会学部1年 戸張桜子) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 10月 9日 10月の全国統一高校生テストに向けて(日本女子大学人間社会学部1年 戸張桜子)

こんにちは!とばりです!

最近寒くなってきましたね。風邪はひかないよう気をつけましょう!!!

 

今回のテーマは10月の全国統一高校生テストに向けてです。

 

受験生にとっては受験校決定に関わる重要な試験になっています。

また、共通テスト本番までも残り100日を切り、残りの模試の回数もわずかとなりました。

より、本番を想定して受験することが求められてくることだと思います。

 

私自身の話をすると、私は8月の模試で全く結果が出なかったため、10月の全統次第で志望校を変える可能性があるかもしれないと言われていました。

そのため、10月の模試が一番緊張していたことを覚えています。

模試の対策として行ったこととしては、センターの過去問をもう一度やり直しました

やはり、形式が同じなので、一番有効的だと思います。

 

また、時間配分を見直すことも行いました。

特に英語は、解く順番を変えたり、色々思考錯誤行いました。

数学においては、微積の範囲は満点がとれるよう、大門別演習を行いました。

 

 

今回の模試は、低学年にとっても重要な模試になっています。

低学年の皆さんは、受験本番まであと一年少しであるという事をお気づきでしょうか!???

 

まだまだ時間があると思っていても、意外とあっという間なものです。

 

低学年のときに模試を受ける上で大切なのは、得点をとることはもちろんですが、それよりも復習をきちんと行うことです!!!

高校2年生までに、基礎は完璧にしておきましょう!!!

 

模試まで、あと約二週間!!!全力で頑張ってください!!!!