8月模試に向けて(電気通信大学 情報理工学部 1年 大室 和志) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 8月 19日 8月模試に向けて(電気通信大学 情報理工学部 1年 大室 和志)

こんにちは大室です。なんだか肌寒い日が続きますね。

 

さて、今回のブログでは8月模試に向けて

「何を意識して勉強した上で受験に臨んでほしいか」

ということを書いていきます。

 

もう今日を含めて3日間しか模試に向けて勉強できる時間はありません。

ただ、たった3日間でも演習する量やその科目、範囲などによって

点数は間違いなく変わってきます!

 

意識して欲しいポイントは受験生も低学年も同じです。

直前は、苦手なところを復習して、すこしでも点数を稼げるようにする

たとえば国立理系の人なら

7とか8割取れる数学を8、9割にするより

苦手で5割程度しか取れない科目(たとえば国語や社会)を6割

上げるほうがラクだと思います。

 

そんなことは、本番の直前、すなわち12月から1月の間にやればいいじゃないか

と思う人もいるはずですが

やはり模試で点数が取れていないと、本番も受験していて点数が取れる気がしなくて焦ってきて

いつも以上に点数が取れなくなります。

自分は苦手で嫌いだった古文を

夏からずっと放置していて、直前期に詰め込もうと勉強しても、

単語や助動詞を覚えきれていない&古文常識や物語の背景を理解していない状態だったので

センターの本試&追試を10年解きましたが、結果は散々でした。

 

一度でもいいから頭に入れておかないと、本番の直前期に詰め込もうと思っても

理解できず、時間がかかってしまいます。

 

もちろん、模試は受験した後も大事です

なにが前回より成長したのかなにが不足していたのか、帰ってきた結果を元に考えてみてください!

 

今日のブログはここまで!今度のブログもお楽しみに~!