部活と勉強の両立方法(日本女子大学人間社会学部1年 戸張桜子) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 7月 20日 部活と勉強の両立方法(日本女子大学人間社会学部1年 戸張桜子)

こんにちは!戸張です!

先日、梅雨明けが例年より遅れるニュースを見ました。

あまりにも快晴なのは好きじゃないのですが、やっぱり雨は嫌ですね!

早く梅雨が明けて晴れてほしいです!

 

今回は部活と勉強の両立ということですが、

私は高校3年生の5月末までバスケットボール部に所属していました。

全く強豪校というわけでは無かったのですが、週6で練習があり、朝昼放課後、全て部活に費やしていました。

 

正直、部活と勉強の両立といっても、私は部活ばっかりに重きを置いてしまい、

全くできていなかったと思います….

テストで再試になると、練習を休まなくてはいけなくなるので、それを回避するための勉強ぐらいしか行えていませんでした。

 

 

また、普通は、高校生に上がると、意識を変えて勉強を始める人が多いと思うのですが、

私は強いて言えば中学生の頃のほうが、両立といった面ではできていたように思います。

脅されると素直にやっていたんでしょうね…(笑)

 

私は、部活を中心に中高時代を過ごしてしまいましたが、

もっとあの時勉強していたらという後悔はすごく残っています。

 

特に高校生になって、周りが勉強を始め出したのに対し、

自分はできる方だから引退してから勉強すれば、大丈夫だろうと高を括ってしまっていたことは、

私が受験に失敗した一番の敗因だったと思います。

 

 

部活は動中高生活において、上下関係を学べたり、友情関係を気づけたりする、

とても大きな意義のある場であると考えます。

 

その一方で、部活動は、勉強から逃げるための理由にすることもできてしまいます。

 

学校生活において、部活動をどのようにするかは自分次第でいくらでも変えることができると思います。

 

皆さんには、部活動も勉強もどちらも後悔しないようにして頂きたいので、

全力で頑張ってください!!!!!!