部活との両立(慶應義塾大学文学部1年 大内海音) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 4月 20日 部活との両立(慶應義塾大学文学部1年 大内海音)

こんにちは!! 

最近教習所に通い始めた大内です。なるべく早く終わらせようと予約をたくさんいれたのですが、すでに学校の勉強と東進との両立に不安があります。さすがにハードすぎる。。。(まだサークルも決まっていないのに)

 

今回のブログのテーマは部活との両立についてです。

 

私は高校時代は部活には入っておらず、文化祭の実行委員(記念祭幹部)に力を注いでいたのですが、正直それが終わるまで全く勉強できていませんでした。文化祭関係が片付いた高2の秋くらいから勉強に手をつけ始めたのですが、結局間に合わず第一志望校に合格できませんでした。

だから、今の私が思う、こうしたらよかったと思うことを書いていきたいと思います!

 

1.何がなんでも毎日登校を心がける!

部活で疲れていたり、家に帰ってゆっくりしたい気持ちは痛いほど分かりますが、そこをぐっとこらえて校舎に足を運んでみてください!!

校舎に来れば、嫌でも勉強しなければならない環境におかれるので、勉強しなくて後悔。。。というようなこともなくなります。また、来るまでが辛くて、来たら意外と勉強がはかどったりもしますよ。

なによりも、周りで頑張っている仲間の姿を見ることで、自分ももっと頑張ろうと言う気持ちになれます。(実体験です)

 

2.部活を理由にやらないをやめる

「部活で忙しくて~」「部活で疲れてて~」という声を良く聞きます。たしかに皆さんが忙しいのも疲れているのもよくわかるし、いつも大変そうだな…と思ってみています。

ですが!条件はほとんどの人が同じだし、正直それを理由に逃げなかった人たちが合格を掴み取るのだと思います。毎日の少しの妥協が何ヵ月後には大きな差になっていくのです!

今日から、部活がある「から」「できない・やらない」のではなく、部活がある「けど」「これだけはやる・これはできる」という発想に切り替えてみませんか?

そして、ぜひ部活がある「けど」やれた自分をほめてあげてください!この毎日の少しの踏ん張りが、苦しくなった時に自分を支えてくれる自信になります。

 

今日のブログはここまでです!明日もお楽しみに~~!!!