苦手科目を克服する方法(明治大学政治経済学部1年 加藤景大) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 2月 15日 苦手科目を克服する方法(明治大学政治経済学部1年 加藤景大)

最近ブログ担当がよく回ってくる加藤です。

最近担任助手紹介バナーが付きました。いかがでしょうか。自分的にはかなりお気に入りです。

 

さて、今日のテーマは前回に引き続き 「苦手科目を克服する方法」です!

自分にとっての苦手科目はリスニングでした!

志望校は最終的には私立文系だったので、英語筆記、英語リスニング、国語、日本史が受験に必要な科目でした。

自分がリスニングに苦手意識を持ち始めたのは高2の夏頃でした。

高2の夏頃は努力が徐々に成績に現れ始め、受験が軌道に乗ってきた時期でした。英語筆記が今井先生の講座で順調に伸びていった分、リスニングの成績の伸び悩みが気になりました。

当時は、リスニングの勉強方法を全く知らなかったので、どのようにしたら成績が上がるのかも分からず迷走していました。

同日模試を半年後に控えていたこともあり、焦りが合ったため、早く成績を上げることに躍起になっていました。

結局成績は上がらず、同日模試を迎えました。結果は惨敗。7割ほどしか得点出来ませんでした。

これを踏まえ、そこからの勉強では「成績を早く上げる方法に固着しすぎない」ことをも意識し、地道な方法で音読を重ね、継続しました。

結果として、半年後の模試では過去最高成績を叩き出すことができ、苦手科目の克服に繋がりました。

自分が伝えたいのは先程も述べましたが、とにかく「地道な勉強の積み重ねで苦手科目は克服できる」ということです。

小手先の勉強に頼ることなく、日々の努力を継続しましょう!

次回のブログもお楽しみに~