自己紹介、受験で最も重要なこと(明治大学政治経済学部3年 加藤景大) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 25日 自己紹介、受験で最も重要なこと(明治大学政治経済学部3年 加藤景大)

 

こんにちは! 東進ハイスクール都立大学駅前校担任助手3年目の加藤景大です。

明治大学 政治経済学部 政治学科に在学しています。東進生の皆さんは自分のことを知っているとは思いますが、改めて1年間宜しくお願いします。

バナーの写真はちょうど2年前のものなので、かなり風貌も変わってしまっているとは思いますが、

校舎で見つけた時は是非声をかけてくれると嬉しいです!

自分は生徒時代も含め、今年で都立大学駅前校は7年目になります。

東進や受験全般に関する知識には自信があるので、なんでも相談してください!

 

今回のテーマは自己紹介に加えて、「受験で最も大切だと思うこと」です。

自分自身、生徒として4年、担任助手として2年、大学受験に関わっていた中で、様々な友人や生徒を見てきました。

その中で、最も重要だな、と感じるのは「最後まで自分で納得のいく努力を続けた」ということです。

第一志望校に「合格」するということが最も重要であることは言うまでもありませんが、その過程も同様に重要なものだと感じます。

合格に値する努力をして合格した、という事実と、合格に値する努力をしないで合格した、のでは価値が違います。

後者の合格事例では、「合格」という事実しか得ることができませんが、前者の事例では「合格」「自信」という事実を得ることができます。

自分が努力して合格したという「自信」は、受験後に大きく違いを生み出していきます。

自分が受験生の時は「合格」の文字しか見えていませんでしたが、受験を終えると、受験を通じて得た「自信」が大きく自分を変えてくれたなと感じることがあります。

是非、受験生の皆さんは悔いのない1年間を過ごしてください! 応援しています!