自己紹介、受験で一番重要なこと(東京工業大学工学院1年 江川俊) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 1日 自己紹介、受験で一番重要なこと(東京工業大学工学院1年 江川俊)

こんにちは!

担任助手1年の江川 俊(えがわ すぐる)です。

東京工業大学の工学院に在学しています。工学院は機械から電気、通信、経営まで工学分野の幅広い内容を学べる院(学部)です。私の将来の夢の一つが、核融合発電の開発に携わることなので、工学院の中でも電気電子系に進もうと考えています。

中学と高校は都立桜修館中等教育学校に通っていました。東進都立大学駅前校にも近い、良い学校です。剣道部に所属していました。同校生や剣道部所属の人はいろいろな話題で盛り上がりましょう!

 

今回のテーマは「受験において一番重要なこと」です。

私が考える受験において一番重要なことは、環境を整えることに注力することです。

 

 

まず、この方針の目的は勉強量の確保・拡大にあります。

勉強の質は学校の先生、先輩、塾の先生に教えてもらえばいくらでも上がりえますが、

勉強の量は誰が何を言おうと最後に頑張って確保するのは自分自身です。

 

 

次に、具体的方法について説明します。

単純に言えば、「全力で学校、塾、図書館などに行く。そのあとのことは考えない。」です。

家で勉強しようと思って勉強が始められるほど、私はできた受験生ではありませんでした。

そこで、そんな私のような人におすすめなのが移動、つまり環境変更に注力することです。

勉強するとなると億劫極まりないですが、ただの散歩気分で移動となると

心理的ハードルはだいぶ下がります。

勉強場所についてしまえば、ペンをとらざるを得ません。

ここでのコツは、

勉強するということを考えずに移動すること、

可能ならばスマホを置いていくこと

です。スマホがそこにあると、移動した意味が薄れてしまいますからね。

人間は環境に多大なる影響を受けます。

よってその影響を利用してしまいましょう!

私のおすすめは学校の進路室や図書室、自習室です。

意識の高い同級生や同校生に囲まれると自然とやる気が湧いてきます。

どうしてもやる気が出ないときなどに、移動に注力するこのメゾット、ぜひやってみてください。

繰り返しますが、何も考えずに移動するのがコツです。

志望校合格目指して頑張りましょう!

今回のブログは以上です。次回のブログもお楽しみに!