私にとっての同日体験受験~活用の仕方~(東京理科大学 理学部 吉田麻彩) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 1月 29日 私にとっての同日体験受験~活用の仕方~(東京理科大学 理学部 吉田麻彩)

皆さんこんにちは!!吉田です。

この間大学の授業でTOEICのオンラインテストをやりました。31日までにもう一つTOEICを受けなきゃいけないことを今日知って、悲しくなりました。

皆さんも課題の〆切などには気を付けてくださいね。

 

さて、今回は同日体験受験の活用について2つ話していきたいと思います。

今年はコロナもあり、時間割が変更されて、生徒の皆さんは大変だったと思います。お疲れさまでした。

1.習った範囲はもう一度解けるまで復習

テストを受けてみて、どうでしたか?

まだ習っていない所が多いからと油断していませんか?

きちんと復習はしましたか?

復習は大事です。まだ習っていない所はとれないですが、習っている範囲は点数を取れるように復習しましょう。

また、高校2年生の場合は主要科目は習い終わっているはずです。

4月になってから対策して抜けているところを復習するより、今自分が抜けているところを理解し、復習する方が圧倒的に良いスタートを切れます。

復習していない人は、今すぐ復習しましょう!

 

2.競い合い

私は同日を受けたとき、友達と点数を競いました。勝った科目も負けた科目もあります。

良いライバルがいると、自然とやる気が上がります。

 

3.志望校との差の理解

同日は結果が返ってくるので、本番は何点取るのか、今と何点の差があるのか。

それを理解したら、あと何か月・何年でどのくらいやらなければいけないか分かると思います。

 

同日を受けたなら、活用しなければもったいないです。

活用しましょうね。