私にとっての同日体験受験(杏林大学医学部1年 鈴木瞭輔) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 1月 24日 私にとっての同日体験受験(杏林大学医学部1年 鈴木瞭輔)

皆さん、こんにちは、鈴木です

今回のテーマは私にとっての同日体験受験ということですが、低学年の皆さん実際に受けてみてどうだったでしょうか。

今回は自分が実際に同日受験を受けてみたときの感想と受け終えてからどうすればよいかについて書こうと思います。

まず、自分は高校1年と2年の2回同日模試を受験しました。高校1年のときは特になんの意識もなく受けていたような気がします。高校2年の時は学校全員で受験したため、みんながどれくらい取れたなどの話が学校でよくされていたので、自然と自分の点数と周りの点数をくらべるようになりました。それでも自分は部活をやっているから周りの人と比べてもしょうがないと思っていました。しかし、それは大きな間違いでした。部活をやっているからと言って、点数を取れている人は取れています。そこを言い訳にしていては最後の最後で焦る結果になってしまうと思います。それをなくすためにも今の自分の点数としっかりと向き合ってやるようにして下さい。

低学年のうちに実際の問題と向き合える時間ができるのはとても大きいことです。特に今年は試験が大きく変わったため、どんな問題かをしれたことはとても大きいと思います。また、問題を解いたことで自分が得意に感じられた問題や対策をしっかり立てなくてはならない問題も見つかったと思います。それらを自分で分析して、これからの模試に繋げられるようにしていきましょう。

高校2年生はあと1年しかないと思って頑張って下さい!