模試の活用法(上智大学文学部史学科1年 小林航大) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 7月 3日 模試の活用法(上智大学文学部史学科1年 小林航大)

こんにちは。最近髪を切って坊主から脱却した小林です。

今回のテーマは模試の活用法ということなので私が模試をどう活用していたのか紹介したいと思います!

正直に言うと、高3の初めぐらいまでは模試をうまく活用できておらずただ結果をみて

一喜一憂

していただけで大して役に立てることができていませんでした。

ですが4月の模試で急激に成績が落ちてから模試を真面目に復習するようになり

そこから成績も回復していきました。

今思えばもっと早い段階から模試の結果と真面目に向き合い、復習に注力するようにしていれば

もっと苦しまずに合格できたのになと思っています。

 そういった経験を踏まえて私の提案するベストな模試の活用法は

1.自分の勉強法の問題点を洗い出すために活用する

2.本番の雰囲気を味わうために活用する

です。

まず1についてですが、共通テストレベルの模試が二か月に一回開かれており

こまめに自分の成績をチェックできます。これらのデータをもとに

自分の勉強法や姿勢を軌道修正することができます。便利ですね

つづいて2についですが、本番はゲロはいちゃうぐらい緊張するものなので

少しでも本番にちかい環境を味わっておくことはとても大事だと思います

 

少しでも参考になったらうれしいです

それではまた