東進に入学してよかったこと ~中川編~ | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2015年 2月 6日 東進に入学してよかったこと ~中川編~

皆さん、お久しぶりです!

 

昨日はとても寒い一日でしたが、今日は気持ちのいい天気ですね!

 

受験生も続々受験が始まって、緊張感のある校舎で、朝から頑張っています!

 

さて、今週のブログのテーマでもある「東進に入学してよかったこと」

ですが、僕は2点あります!!

1.勉強を効率よく始められたということです!

 

僕が勉強を本格的に始めたのは高3の春でしたが、受験で使う科目として選んだ世界史は、学校の定期テストのための勉強のみで、長期的に記憶しているものはほとんどなかったです。

 

そこで東進の荒巻先生の「スタンダード世界史」を取得したのですが、自分のペースで進められるということと、授業が面白いということで、全く好きになることの出来なかった世界史が楽しく勉強でき、かつ成績を上げることに大きな力を授けてくださいました。笑

 

学校の友達は予備校の世界史の授業の進捗度が遅いということに焦りを感じていましたが、僕は早くから一週間に3コマ~4コマ受講することが出来たので夏休みには全範囲を終わらせることが出来ました!

 

 

2.担任助手やライバルが励みになったこと。

受験勉強は一人で行うものですが、その裏にはたくさんの人と競ったり、支えられているということが実感できました。

例えば、担任助手は毎週のグループ面談や個人面談で、自分が志望校をどう選ぶか悩んでいる際に相談に乗ってくれたり、学校のろくでもない話を聞いてくれた時には、勉強に向かう姿勢を整えてくださいました!

 

また、模試のあとには成績ランキングが出ていたり、受講コマランキングがあったりすることで、自分の周りにいる人がどれくらい頑張っているか、出来ているのかが把握できてやる気のアップにつながりました笑

勝手にライバルを作っていたんですけどね(きっと相手は知らないと思うんですけど笑)

 

そんな一つ一つのことが、僕にとっては受験勉強をしていくなかで、大きな支えになっていたんだと思います!

 

皆も同じようなことを感じてくれているといいなあ!

 

それでは今日はここまで、

受験生の皆さん、がんばっていきましょい!!!!

 

中川