東進に入った時期ときっかけ(中央大学経済学部1年 西居 陸) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 2月 3日 東進に入った時期ときっかけ(中央大学経済学部1年 西居 陸)

こんにちは、西居です。

毎回「健康には気を付けましょう」と言っていた僕が体調を崩してしまいました。

気をつけないといけませんね。

 

さて、今回のテーマは「東進に入った時期ときっかけ」です。

僕が東進に入ったのは高校二年生の12月末でした。

なんとなく受験勉強始めないとなと思って塾を始めたのが最初です。

その時、センター試験の点数は全科目で3割にも届いていないにも関わらずなんとなく早稲田には行けるだろう

というかなり誤った認識でいました。

 

入った時から受験勉強を始めましたが、そこで自分がかなりまずい状況にあることが分かりました。

周りのレベルはすでに受験レベルに達しているように感じられ、

かなり焦りを感じました。

しかし、最終的に第一志望校である早稲田には届きませんでした。

 

受験を終えたときに基礎を早期に固める重要性を実感しました。

 

低学年(高校1,2年生)の時の勉強は本当に重要です。

 

今、まだ受験生ではない低学年の生徒は今が始めるときです。

 

少しずつ「無理をして」頑張っていきましょう。