最後まで立ち止まらない!(東京工業大学2年 児玉優樹) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2023年 1月 25日 最後まで立ち止まらない!(東京工業大学2年 児玉優樹)

こんにちは!
 
最近新しい大学名が発表されて巷を賑わせている東京工業大学に通っている
担任助手の児玉です!!
 
 
前回のブログからだいぶ時間があき
ずいぶんと久しぶりな感じがします。
 
最近はめっきり寒くなりましたね。
朝目覚ましが鳴ってからベッドから這い出るまでの時間が長くなりました、、、。皆さんもきっと、毛布をかぶったまま移動したくなる毎日を過ごしていることでしょう。
 
今年の冬は例年より強い寒波が来ているとニュースでもやっています。
体調管理には十分気をつけてください。
 
 
 
 
 
さて、今日のブログは今入試真っただ中の受験生に向けて!
 
「入試本番直後の勉強」
 
です!
 
 
入試当日って朝から晩まで試験があるわけではないですよね。
 
当日くらい、試験後はゆっくりしたいと思ってしまうところですが
第一志望校の試験まですでに1ヶ月を切っているであろうこの時期に
その半日は貴重な勉強時間です!
 
とはいえ、何をやればいいかわからない!という生徒もいると思うので、
自分の経験を軽く紹介します。
 
 
 
 
 
自分の場合、併願校の入試が終わったその日は必ず
 
解けなかった部分の解きなおしと復習
 
をするようにしていました。
(賛否両論ありそうですが、、、)
 
 
これには2つの理由がありました。
 
 
 
1. 第一志望校の入試対策のため
 
 
結局のところ、一番合格したいのは第一志望校なんです。
 
そう考えたとき、もし併願校の入試で出た問題に似た問題
同じ知識を必要とする問題が第一志望校でも出たら
復習しておいたかどうかでだいぶ変わってきますよね。
 
入試問題は毎年新しく作らなければいけないものなので
その年話題になったことがトピックになったりすることがよくあります。
このように時事を反映していたりすると
似通った内容が出題されることもあります。
 
 
 
2. 時間を無駄にしないため
 
 
正直なところ、試験を受けた直後に何を勉強するかというのは難しい問題です。
 
次の試験に向けた対策をやるのも1つの選択肢ではあったのですが
どうしてもその日受けた試験の内容が気になってしまいます。
気になるんだったらいっそそれに時間を割いてしまおうという気持ちで復習をしていました。
 
 
 
 
 
このような理由で解きなおし・復習をしていたわけですが
あたりまえですが精神的にダメージを受ける可能性だってあります。
ただ、絶対に第一志望校に合格したいという強い気持ちがあるのなら
このような時間の使い方も選択肢の1つなのかなと感じます。
 
 
この時期になればもはや、正解などありません!
自分に合った時間の使い方を見つけてください!
 
 
最後まで立ち止まらず、頑張れ受験生!!