新学年になってまず初めにやるべきこと(杏林大学医学部2年 鈴木瞭輔) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 4月 3日 新学年になってまず初めにやるべきこと(杏林大学医学部2年 鈴木瞭輔)

新学年の始まりが4月という概念を大学に入ってぶち壊された鈴木です。さて、今回のテーマは新学年になってやるべきことということで、自分が伝えたいことは「新学年となって新しくなった生活リズムをしっかりと確立させることが大切だと思います。新学年になって部活を引退し、勉強一色になる生徒、新しく高校生となり、部活などが始まる生徒など、色々な変化が起きると思います。そこにいかに順応していくかが大事だと思います。特にこれから高校生になる人に伝えたいのは、正直、高校生はなかなかやることが多くて大変だということです。最初につまずいてしまうと最後までずるずるいってしまうと思うので、最初から自分の生活リズムを確立させましょう。自分の場合は、高校生になってから部活が想像以上に大変で、最後まで勉強との両立が上手くいきませんでした。そのせいで、現役時代の受験はすべて失敗という結果に終わってしまいました。皆さんには自分のようなことにはならないように自分のペースをしっかりとつかめるようにしましょう。なかなか最初の方は慣れるのが大変かもしれませんが、最初が肝心なので、最初でつまずかないようにしてください。何か大変なことがあって、相談したくなったらいつでもスタッフに相談してみてください。いろいろトライしてみて、試行錯誤して頑張ってください。