大学に入って感じたこと。 〜中川編〜 | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2014年 11月 14日 大学に入って感じたこと。 〜中川編〜

皆さんこんにちは!

雲一つない気持ちのいい天気ですね!

 

秋から冬に徐々に季節は変わり、街にもちらほらイルミネーションが見え始めたこの時期、

胸にぽっかり穴が空いたような気分になるのは僕だけなのでしょうか笑(高校生ごめんなさい笑)

 

さて、「今日は大学に入って感じたこと」というテーマで話していきますが、なんといったってもう大学に入って3年経つ訳だからさ、

感じたことなんていくらでもあるわ!!!!!!!

 

という気持ちもあるのですが、早速要点を3点ほどにまとめ、書いていくことにしましょう。

みんなが大学において気になるところで考えてみたんだけど、やっぱりそれは

①勉強面

②遊び面

③環境面 

かなあという感じなので、早速①から見てみましょう!

(だけどTOC(Toritsudai Open Campas)もあるから少しずつね!

11/24来てね!(宣伝)

①勉強面

まずは勉強において最も驚いたのは、やっぱり勉強スタイルが高校までと違うということです。

僕は経済学部経済学科なので、1年生の頃は経済の基礎(ミクロ経済学)を中心に経済数学解析・統計学・線形代数などを扱う授業がほとんどでした。(こんな感じ!) 

経済学科がどんな勉強をするのかさっぱりだった僕にとって、これらは非常に難しく、さらになんの為にこの勉強をしているのかよくわかりませんでした。(今はいたいほど分かるのですがね笑)

 

中間試験や期末試験がありましたが、授業の出欠は取らないというスタイルにも慣れていなかったのでなりたての頃は嬉しくてついついさぼってしまっていました(ごめんなさい。)

 

大学の授業というのは基本的には専門分野を学んでいくことになります。

ですから、その学問において、授業を受けていく上で何が目的なのか、どうしてこの授業・学問が必要になるのか、がはっきりしていなければなかなか大学の勉学においては戸惑うことになると思います。

 

いまからその学部がどんな勉強をしているのかあらかじめ調べておくことをオススメします!

 

②遊び面

こちらはあんまり変わらないかなあと、ただまあ資金力(笑)は高校時代に比べて圧倒的に高まるはずなので、遊べる選択肢は広がると思います!

 

まあ、僕なんかは非常に素朴な人間なのでみんなで鎌倉に行って美味しいもの食べて、自転車に乗ったりとか、カラオケに行ったり、自分の家に友達を呼んで映画を見たりとか、高校生の頃と変わらないことの方が多いのかなあという気がします!

旅行に行けるチャンスは多くあるのでいろんなところに遊びに行ってみることもまた、オススメです!

(これは関西にゼミの発表で行った時に食べた串カツ屋さん、まぶしかった笑)

ただ上智大学では、やっぱり女の子がきらびやかなこともあって、お金の使い方が違うなあ!とびっくりすることもありました!(自分芋っぽいですね・・・笑

 

③環境面

環境面で感じたことは、についてです。

高校までに自分が出会った人数を考えてみると理解しやすいんじゃないかなあと思いますが、大学とは、本当に沢山の人に会って、仲良くなれる機会が多いに潜んでいます!

 

地方から来ているこもいれば、外国から来ている人もいる!

今日も僕は新しい知り合い(後輩)が出来たんだけど、彼はベトナムからの留学生でした!

日本に来て3年しか経っていないのに、あれだけ日本語を話せるなんてやっぱりすごいなあと本当に尊敬します!

 

まあ、こんな感じで、上手くいけば、毎日新しい友達が出来るチャンスが眠っています。

ゼミやサークル、セミナーや留学、人に会える場所は常にいくらでもあります。

あとはみんなが動けるかどうか!その行動力が大事です!

(これはラオスで出会った韓国人と一緒に夜飯を食べた時の写真)

僕はみんなになるだけ沢山の友達を作って、新しい考えや生き方に触れてほしいと思っています!

 

自分が生きている世界なんて、ほーーーんのミジンコ位のものだからね!笑(これはあくまで僕の意見です)

 

本当はまだまだ感じたことなんてキリが無いくらいあるのだけど、終わりが無いのでこれで終わりにします笑!