受験期の夏休みのスケジュール (杏林大学 医学部 1年 鈴木瞭輔) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 8月 9日 受験期の夏休みのスケジュール (杏林大学 医学部 1年 鈴木瞭輔)

こんにちは、鈴木です

大学の試験が夏休み明けにあるので、みんなと同じように勉強しようとおもいます。

さて、今回のテーマが受験期の夏休みのスケジュールということですが、自分の失敗も含めてお伝えしようと思います。

自分の場合、一番よくなかったのは、長期的な予定を立てなかったことです。

毎日、塾に着いてからその日なにするかを考えて勉強を始めていました。

それだと、受講や過去問をやって、わからないところなどが出てきたら、それの復習などで、その日が始まる前に立てていた予定が総崩れになるなどしてしまっていました。

それでも、午前中は絶対に数学、夜は暗記物など、ある程度何をするか決めているところはありました。それでも、予定がずれてしまうとやることに戸惑いを覚えてしまうので、その日中に予定を立てるのは絶対にやめましょう。

また、自分が思うに、夏休み最も重要なことは、アウトプットです。どんなに知識を入れてもアウトプットができないと本番につながりません。夏は過去問もやると思いますが、過去問だけではなく、多くの問題に触れるようにしてください。それが一番大切です。この二つのことを念頭に置きながら、例年よりは少し短いですが、充実した夏休みを送るようにしてください。勉強に行き詰ってしまったときは、たまには外に出るなどして、外の空気も吸ってみると夏を感じられていいと思います。夏にいかに勉強できるかが鍵になると思います!

一生懸命頑張りましょう!