冬の体調管理(早稲田大学社会科学部1年 原田弥幸) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 11月 8日 冬の体調管理(早稲田大学社会科学部1年 原田弥幸)

みなさんこんにちは!

 

さいきんめっきり寒くなりました。今年はコロナインフルエンザダブルパンチが予想されたりしています。

コロナ対策とGDP回復率が争点の大統領選挙の結果も気になるところですね。

 

 

受験生のみなさん、インフルエンザの予防接種はもう打ちましたか?僕も昨日行ってきました。僕は注射大嫌いなのですが、受験生の時はさすがに打ちました。「いや、私は毎年かからないから打たない」というそこのあなた!(そんな受験生いないと思いますが)

 

今年だけは打ってください!今年だけは体調管理にめちゃくちゃ気を配ってください!

大抵の人は1月の共通テストから受験シーズンが始まり、2月の終わりころまで続くと思います。その一カ月半の間、体調を崩すわけにはいかないのです。

 

受験期は流れです。共通テストから最後まで一瞬で終わってしまいます。だからこそ、一度でもメンタルがくじけてしまったり、悪い結果に直面すると、立て直るのが難しいです。

 

 

学校でも、もう受験期を見据えて朝型の勉強をしなさい、とか言われるでしょうが、その通りです。

もう受験期までずっと続ける毎日のルーティーンを決めて過ごしていきましょう。同じ時間に起きて同じ時間に寝て、ご飯をしっかり食べることで健康を維持できます。

 

また、予防接種の他にも毎日の手洗いうがいやマスク着用、アルコール消毒など、今までやってきた対策も引き続きやりましょう!

 

みなさんが、受験で全力を出し切れることを願っています!