全国統一高校生テストの重要性(東京工業大学物質理工学院1年 児玉優樹) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2021年 6月 1日 全国統一高校生テストの重要性(東京工業大学物質理工学院1年 児玉優樹)

こんにちは。児玉です!

期末テストが近いのに課題がたくさん出てて困っています。

 

さて、今回のテーマは全国統一高校生テストの重要性です。

いよいよ6月の全統が近づいてきました。

皆さん、勉強は進んでいるでしょうか。

全国統一高校生テストの受験には2つの意味があります。

それは

 自分の立ち位置を把握すること

 自分の苦手を知ること

です。

 

まず、全国の高校生が受けるテストなので、今自分がどのくらいのレベルなのかを把握することが出来ます。

最近2、3ヶ月くらいの勉強の成果が出ているか確認するチャンスです。

 

また、自分の得意不得意を知るチャンスでもあります。

全国統一高校生テストの問題は広い範囲から満遍なく出題されます。

そのため、苦手な分野を把握して、これからの勉強に生かすことが出来ます。

もちろん、把握するだけでは意味がありませんが、しっかりと復習をすることで成績をさらに伸ばすことが出来ると思います。

 

模試なんてめんどくさいと思う人もいるかもしれませんが、受験するメリットはたくさんあります!

自分の糧となるように意識して、全統に臨みましょう!!

 

次回のブログもお楽しみに!