全国統一高校生テストの振り返り(慶應義塾大学理工学部一年 井戸宗達) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 11月 10日 全国統一高校生テストの振り返り(慶應義塾大学理工学部一年 井戸宗達)

みなさん、こんにちは!

最近課題や部活やらで忙しい井戸です。今週中に インフルエンザの予防接種 も受けに行かなきゃいけないので大変です。

ちなみに僕はセンター試験一週間前に二回目のインフルエンザ予防接種を受けに行ったのですが、その予防接種で体調を崩してしまい、39.0度の熱が出ていました。

体調はなんとか回復し、本番は当日にちゃんと受けられたので良かったです。体調が悪いときに頭をたくさん使うとすぐに気持ち悪くなってしまうので、皆さんも体調管理はしっかりとして受験に臨んで下さい。

 

さて、今回は10月25日に行われた、  全国統一高校生テスト の振り返りをしていきたいと思います。

今回の模試は、夏を終えて二次私大の勉強をメインでやってきな中での共通テスト模試だったと思います。多くの人が共通テストレベルを超えた勉強をしていたと思いますが、そんな中での共通テスト模試はどのような結果になったでしょうか。

しっかりと自分の目標点を取れた人はちゃんと基礎力がついている証拠です。その調子で二次私大の勉強に励んで下さい

目標点に届かなかった人は二次私大の勉強にウエイトを置きすぎてしまっているのではないでしょうか。基礎基本をおろそかにしていると二次私大で出題される応用力の必要な問題を解くことはできません!!今回の模試の復習をするとともに、もう一度基礎基本の徹底をしましょう。

 

 次回の共通テスト模試 12月13日に行われます。この時期はまだ第一志望校対策演習や第二志望校以下の併願校の過去問、対策をしている時期です。ここで点数を落とさないように基礎基本の確認は日頃からするようにしましょう。

共通テスト本番まで残り二ヶ月とちょっとですが、気持ちを切らさず走り続けて下さい。