併願校について(お茶の水女子大学文教育学部1年 杉﨑朱佳里) | 東進ハイスクール 都立大学駅前校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 31日 併願校について(お茶の水女子大学文教育学部1年 杉﨑朱佳里)

こんにちは、杉﨑です!
 
世間は今ハロウィンモードですね!
 
毎年これと言って何かするわけではないのですが、何となくハロウィンは好きですね。
 
ただ、ハロウィン終わったー
 
と思ったと同時に世間はクリスマスモードに突入するので、ついていくのが大変です。
 
もちろんクリスマスは好きですが、大好きな秋が終わりを迎え始め寂しい今日この頃です。
 
 
 
もうすぐ冬に入っていくということは、、、
 
受験生は併願校を決める時期を迎えます!
 
 
そこで、今回は併願校についてお話していきたいと思います!
 
 
私の場合、大学で学びたいことがはっきりしていたので、
 
まず舞踊や芸術に関する学科を探していました。
 
ただ、そういった分野を学べる学科はかなり少なくて苦戦しました。。
 
それに加え、私は文系にも関わらず、
 
日本史も世界史も取らないで地理と倫政を選択していたので、
 
私立文系は受験科目で省かれるところが多かったです。
 
そのため、MARCH辺りの大学は、
 
全学部入試英語外部検定利用入試での受験のみ考えていまいた。
 
そこで問題になってきたのが、受験日程です。
 
募集要項等を見て受験日程を調べると、受験日が被っていたり、5日連続になってしまうという問題が出てきました。
 
 
 
このような私の経験から皆さんに伝えたいのは、
 
自分の興味関心のある大学・学部・学科であること
 
自分の選択している科目で受験できること(受験方法の確認)
 
受験可能な日程であること
 
は併願校を決める上で最低限意識して欲しいということです。
 
 
これに加え、過去問の傾向が自分に合っているか、配点、倍率、合格最低点など
 
色々なことを踏まえて併願校を決める必要があります。
 
 
 
早いうちから準備して得はあっても損はないので、
 
今のうちによく調べて一緒に決めていきましょう!
 
 
それでは、また次回!