リフレッシュの方法(立教大学文学部2年 堀林太郎) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 7月 9日 リフレッシュの方法(立教大学文学部2年 堀林太郎)

こんにちは!最近続きで、気が滅入ってしまう堀です。

梅雨の空気を好きじゃない人も多いと思いますが、しとしと降る雨は風流で僕は好きです。晴れ間がなさ過ぎると嫌ですけども。

この時期は結構、野球も屋外球場だと中止になる場合も多いので6時前までには止んでほしいですね。

 

さて、今回はリフレッシュの方法ですね。

僕は、散歩してリフレッシュしていました。ただ目的もなくぶらぶら歩くんですけども、何も考えずに歩くことで僕は結構リフレッシュすることができました。

また歩くことはいい運動にもなるので、日ごろ運動不足になりがちな受験生にもおすすめです。

ただ、歩きすぎると結局勉強する時間もなくなりますし、疲れて眠くなっちゃうという良くない点もあるので、ほどほどにしておきましょう。

受験生活の中で、日々不安と戦ってる人もいるかと思います。ですから、散歩のときは一旦頭を空っぽにして何も考えずに歩いてみましょう

意外と鳥のさえずりとか、風の音とかで癒されますよ。何も考えないのが大事です。

 

僕は大学生になった今でも散歩が好きで、空きコマの時、よく歩きます。おかげで池袋の地理に詳しくなりました。

今は梅雨の時期なのでなかなか気軽に外に出て散歩する、ということがしにくいとは思いますが、椅子に座ってボーっとするだけでも整理されると思うので、ぜひ何も考えない時間を作ってみてください!

そろそろが始まりますね。周りに負けない努力をするためにもリフレッシュしながら集中してがんばってください!