オススメの勉強法(立教大学文学部2年 堀林太郎) | 東進ハイスクール都立大学駅前校|東京都

ブログ

2020年 9月 5日 オススメの勉強法(立教大学文学部2年 堀林太郎)

こんにちは。お久しぶりです、堀です。

9月になった途端、夕方や夜が涼しくなりましたね。僕としてはこれぐらいの気候が一番過ごしやすくていいです。

前に言っていた川崎水族館に行ってきました!の部に言ったのですが、暗く静かな館内の雰囲気がたまらなく好きです。あと中にあるカフェが最高。みなさんもぜひ行ってみて下さい。

さてオススメの勉強法ということで、僕は世界史のオススメ勉強法を紹介したいと思います。

僕のオススメ勉強法は、図を自作することです!

年表とか、地図とかが資料集や教科書にたくさん載ってますよね?

あれを出来るだけ自分の頭の仲の知識だけで完成させるのをよくやってました。一つ一つきれいに作るというよりは、自分の中で整理できているかどうかを確かめる作業なのでメモ帳とか裏紙にパパっと殴り書きで作ってました。

これの一番いいところは何度も自分の手で作るので自然と体で覚えられるところです。ずっと教科書を読んでるだけやただ受講受けただけでは世界史はなかなか頭に入りません。手を使って覚えることを意識してみるといいかもしれません。

ただもちろん悪いところもあって、どうしても慣れてくると順番や、位置などで正解を書けてしまいます。ずっと同じように書くのではなくちょっと違う順番で書いてみたり、別の覚えることの図を作成してみるなどの工夫が必要ですね。

あくまで一例ですし、当然これだけでは世界史は完成しません。一問一答や、過去問、参考書や時には教科書に戻る事だって必要です。色々試してみて、自分に合うやり方を見つけましょう!ただ、それには時間がかかります。思い立ったが吉日。今日から意識していきましょう~。